2006年10月アーカイブ

カナダの印象と観光の旅(2)

| コメント(0)

〜官民一体の食品安全システム〜
(HACCPセミナーで感じたカナダの食品衛生の思想)

カナダの国としての食品に対する安全性の追求は、確かなもの
です。

その中心はカナダ食品検査庁(CFIA Canadian Food Inspection
Agency)で、その行政力は、国、州、地方自冶体、生産者、
流通業者、消費者を一体としたもので、問題発生の対応から
善後策まで、一つの流れで行われるようです。

今回、グエルフのGFTC(Guelph Food Technology Centre)での
4日間のセミナーを通じても、カナダの食品安全に対する、
その意識の高さがうかがえます。

カナダの印象と観光の旅(1)

| コメント(0)

   〜美しい自然の中でエンジョイ〜
    (豊かなカナダの生活レベル)

カナダ、トロントから北へ国道60号線を車で3〜4時間走った
所に、アルコンギン公立公園があります。

アルコンギンとは、アメリカ原住民すなわちインデアンの
部族名で、ヨーロッパ大陸から白人種が渡来するまで、
原住民の天国だったのでしょう。

秋の紅葉で特に有名な公園で、7725キロ平方メートルの
広大な面積を持ち、野性味あふれた美しい森と湖、湿原と沼、
岸壁とロック、野生動物と森林とが織り成し、公園という
イメージより、手付かずの大森林で大自然です。

この地方は、野生動物のヘラ鹿(ムース)、黒熊、オオカミ、
ビーバー、キツネ、ウサギ、リスなどの天国のようです。

アメリカ旅行の印象

| コメント(0)

 〜微笑をなくしたアメリカとアメリカ人〜
  (入国審査と荷物検査に見るアメリカのマナー)


久し振りにアメリカ、カナダへ旅をしました。

旅行の目的は、カナダとアメリカの食品安全を検証する「HACCP
システム」の勉強会です。

HACCPとは以前このメルマガで紹介したと思いますが、食品に
起因する事故を未然に防ぐためのシステムで
「Hazard Analysis Critical Control Points」の頭文字です。

すなわち事故が起きる原因の危害を分析し、それを改善する
システムで、食品の品質基準を策定している
「コーデックス委員会」示したルールです。

咀嚼(そしゃく)(2)

| コメント(0)

  〜巧妙な咀嚼動作の仕組み〜
(噛めば噛むほどダイエットになる)

咀嚼(そしゃく)する動作は、誰が教えたわけではありませんが、
自然と赤ちゃんのときから始めるものです。

乳児が母乳や加工乳を、乳首からむさぼるように吸い込み飲み
込む動作が離乳食に変わると、出揃っていない歯茎をもぐもぐ
させて、知らぬ間に咀嚼しています。

食べ物を口の中で噛んで、細かく粥状に粉砕し、喉へ流し込む、
この咀嚼と言う働きは、実に巧妙で、口腔(こうくう、口の中)で
さまざまな機能が自然と調和して出来上がっています。

月別 アーカイブ

ウェブページ

商品ラインナップ

バイオアスリートP3アサイー バイオアスリートP3 バイオアスリートP3(顆粒) バイオアスリートスーパージュニア バイタリンZ60個 バイタリンZ120個 エストリーゼ エミューナイナイクリーム