2007年12月アーカイブ

脳性まひとの闘い

| コメント(0)

〜手足の不自由はオシャベリと心の豊かさで克服〜
    (14歳、車椅子でのオーストラリア留学)

この話は、私が参加している異業種交流会の会員の一人で、
ある劇団所属のSさんという女性とその子供、脳性まひの娘
RAちゃんの17年間の物語です。

Sさんは天性の音楽好き、音大を出て地方公演の多い
ミュージカル劇団に進んで入団、ボランティア的な貧乏劇団の
中で、スターとして歌ったり踊ったり、若さはちきれんばかりの
充実した日々を送っていました。

不満と言えば月々もらう月給、とても生活などできる給料では
なかったが、心配の掛け通しの実家からの仕送りもあって、
好きなことを好きなだけ実行できることの喜びが、安月給の
つらさを忘れました。

〜改めて評価されたイソフラボン効果〜
    (穀物高騰のなかでも大豆は食べましょう)

先週11月29日の新聞のコラムに「大豆を常時食べている
女性の、脳・心筋梗塞減」の記事が掲載されていました。

同じ日のNHKのニュース番組の中でも、トピック的に報道
されました。

この研究は厚生労働省の研究班が長期間にわたって、
調査した結果であって、かなり確度の高いものです。

この発表は、アメリカの医学誌「サーキュレーション」に掲載されれますので、やがて
世界中で大豆の持つ健康効果に注目されますが、いまさらながらいろいろの食品の中で、
大豆の持っている力を認識させられるものでした。

月別 アーカイブ

ウェブページ

商品ラインナップ

バイオアスリートP3アサイー バイオアスリートP3 バイオアスリートP3(顆粒) バイオアスリートスーパージュニア バイタリンZ60個 バイタリンZ120個 エストリーゼ エミューナイナイクリーム