フルボ酸の効果の最近のブログ記事

足のつりの痛さと電解質

〜真夜中に起きる「こむらかえり」との闘い〜
(私には効果がある天然イオン物質「フルボ酸」液)


夜中に突然足の痛みを感じ、とび起きたことが過去に何回もあります。

昔から言われている「こむらかえり」でしょう。

とにかくその痛さは名状しがたく、布団の中でジッと我慢しながら痛さに耐えていても、なかなか収まらない時もありました。

左の足が多いようですが、時としては右足にも起こります。

あまりの痛さに、硬直した筋肉をマッサージしようとして、無理に体を動かすと、思わぬところの筋肉に負担をかけてしまい、その筋肉がさらにこわばり痛烈な痛みが起こります。

そうなると痛さが二倍になって、動くこともできず、泣きたい気持ちで我慢するしかありません。

こんな症状が頻繁に起こり始めたのは、8年前ほどに傷めた腰から足のしびれを伴った「坐骨神経痛」発症からです。

その時「足のつり」で拙文を発要した覚えがあります。

足の筋肉の硬直と痙攣は、筋肉のイオンバランスの不均衡も一つの原因で、その対策として私どもが扱っている天然の電解質物質フルボ酸での効果を発表しました。

これはあくまで緊急対策で、硬直し硬くなって痛みを発する筋肉へ塗布し、1〜2分後に痛さが収まる奇跡的な効果があることが不思議でした。

その後、坐骨神経痛からくると思われる足のつりは少なくなり、いつの間にか腰や足のしびれが無くなり、あれだけ快適生活を妨げていた、脊柱管狭窄症が全快した模様です。

何故にしびれや痛みが少なくなったかの的確の答えはできませんが、あえて言えば痛さとしびれを我慢し、姿勢をまっすぐにして早足で歩いたり、痛さをこらえてゴルフを積極的に行ったりした、逆療法がよかったのかもしれません。

1年間リハビリに通った病院も、いつの間にかやめましたが、症状は通院しているときよりも改善したのも皮肉でした。

しびれや痛さは病院でのマッサージや、体の捻転での腰と足の筋肉を伸ばす体操、機械道具による筋肉の牽引など、さまざまな方法でもなかなか解決しませんでした。

なんとか治さなくてはと思い込み、病人として対応していた精神的な苦衷もありました。

そんな気持ちを吹っ切って、痛くても悪化しても構わないと開き直って逆療法を行ったことに、効果があったのかもしれません。

もしかして、病人意識を脱ぎ去った気持ちが、足腰の痛さとしびれを忘れさせたのでしょうか。

何時か何かの雑誌で読んだ、腰痛の原因は脳神経にあるとの記事を思い浮かべたほどです。


ところが昨年12月末から今年1月、寒い季節を迎えたので、ゴルフも休んでしまい、運動不足を感じた今年の1月中旬頃、就寝中に足が硬直しその痛さで目覚めたことが何回か続きました。

足の運動が少なくなったので、足への血行が悪くなったかなとも危惧しました。

「こむらかえり」の原因はいくつもあります。

寒さからくる足の冷え、加齢からくる筋肉の減少、血行不良からくる筋肉の酸欠、血管の収縮や血栓などによる閉鎖性動脈硬化(エコノミー症候群)、脱水からくる筋肉の硬直、中枢神経からの伝達の不良(必要以上の筋肉の収縮命令)などがあります。

そのほかに、過度の筋肉疲労と、アキレス腱の伸縮機能の低下、筋肉の伸縮をコントロールする筋紡錘と腱紡錘の働き低下、それと筋肉のイオンバランス(電解質)の不均衡があげられます。

もうひとつは、休んでいた筋肉を急に動かしたときなどです。

たとえば朝の目覚めで急に起き上がろうと、力を入れたとき、ズキンと疼痛が足に走り、その周囲の筋肉が硬直しさらにそれが広がります。

または無理な姿勢で手足や体を動かしたとき、無理を強いられた筋肉が硬直し、しばらく痛みを発します。

こんな経験を持った高齢者は多いのではないでしょうか。

これも一種のこむらかえりでしょうか。

それらのさまざまな原因の中で、私の体験的こむらかえりの原因を見つけますと、寒さ、加齢、血行不良、脱水、中枢神経の誤作動、筋肉の伸縮低下、電解質不良などすべてが考えられます。

ゴルフや歩行などで足の筋肉を多く酷使した時の方が、熟睡もあって夜中の足の筋肉痛で起きたことはなく、逆に休日であまり足の運動をしない時に筋肉の硬直が起きます。

これなどは適当に動いた足の筋肉と血行が、正常であったためと考えられます。

歩行などで動かさない筋肉は衰え、血行も悪くなるのかもしれません。

まことに気まぐれで、こまります。

考えますと足の筋肉をよく使うゴルフは、かえって血液の循環もよく、血管の収縮もなく、アキレス腱の働きも低下せず、脱水傾向もないのでしょう。

また健全に活動した足の筋肉は、電解質のバランス不調も起こさないのでしょう。

確かに18ホール白球を追い続けますと、最後の数ホールの足の疲労、筋肉の痛みはかなりのものですが、気持ちの中でそれと闘い、精神的にも疲労を感じさせない意識が、足の筋肉に健全な命令を与えているのかもしれません。

そうなると気力と精神と神経の問題となります。


理由はともかく、足の運動をあまりしなかった1月中旬から下旬にかけて、熟睡中に筋肉硬直が起こり痛さで飛び起きました。

そんな場合の私の対処療法は、起き上がると同時に、枕元に用意してある天然の電解質物質の「フルボ酸液」を、硬直しているに筋肉に塗りたくります。

硬直するのはふくらはぎの腓腹筋、脛の前の前脛骨筋が多いですが、時には太ももの大腿四頭筋など、同時に発症するときもあり、痛さを我慢して皮膚に塗ります。

小さなスプレーに入ったフルボ酸も用意していますので、太ももなどは周囲全体にスプレーもします。

そうしてジッと時が過ぎるの我慢して待ちます。

冬の夜中、痛さと寒さとの闘いです。

1〜2分経過し、やがて何もなかったように痛みが引いていきますが、硬直した筋肉はすぐには戻らず後遺症が少しあります。

ただ我慢できない痛さでなく、ベットに横なり就寝に入ります。

このようなこむらかえりがなぜ起きるかの原因は、先に述べたようにいろいろでしょうが、その中のイオンバランスの不均衡による原因もあります。

ご存知のように私たちの体は、イオンのバランスが大切です。

陽イオンと陰イオンのバランスの上に健康体が維持されています。

栄養的には食物から採取するミネラル物質の中にイオンがあり、それをバランスよく摂取することで平衡が保たれています。

ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、クロームなどです。

これらのイオン物質の微量成分は、人間の中枢神経や血液循環、心臓の働きから酸素活性、そうして筋肉の伸縮と活性に大いに影響します。

ことに筋肉の機能調整に関与し、不足すると収縮したり痙攣したりして激痛を伴います。

夏場の発汗作用が激しい時の運動などでも、足の痙攣が起きやすく、それだけでなく全身のイオンバランスが欠けてしまうと、さらに重大問題となります。

塩分を補給したり、スポーツドリンクを急きょ補給したりして、イオン不足を補います。

スポーツドリンクには、イオンに関係するミネラルが添加されている電解質ドリンク剤です。

このように電解質と筋肉とは関係が深く、私が夜中の筋硬直に電解質の液体を皮膚に塗布する意味もあるのかと思います。

ただ市販されている電解質スポーツドリンクを塗っても、駄目だと思います。

それは筋肉の細胞にまで届かなからです。

ところが天然電解質のフルボ酸が効果があるのは、皮膚からの浸透力です。

低分子のフルボ酸は、皮膚の細胞を透して、筋肉細胞の毛細血管にも浸透し、血管を弛緩することにより、血液循環を蘇らせ、筋肉の膠着を改善していると思われます。

その反応が速いのがこの液体の特徴です。

科学的なエビデンスはありませんし、私だけが密かに使用している、筋肉のしびれと痛みの特効薬ですので、あまり外部には宣伝しません。

ただゴルフ仲間の何人かには、ゴルフ疲れの筋肉回復には良いと教え、風呂上りに疲れたと思われる筋肉にぬれば、翌朝筋肉は快調で疲れは感じないようです。

勿論私も、ゴルフの後たくさん歩いて疲れを感じた後には、このフルボ酸は助け舟です。

そのゴルフを休んでいたこの冬、フルボ酸を足に塗らなかったからか、運動をせずいたので足の筋肉が活性を無くしたかで、夜中にこむら返りが頻発したのかもしれません。

さーそこで、1月26日よりゴルフをはじめ2月半ばまで3回行っています。

さいわいに夜中のこむら返りがでていません。

ただ筋肉の硬直は、歩きすぎ疲れすぎても出るようですし、さらに最大の原因、寒さと加齢は避けられません。

またいつ発症するか分かりませんので、枕元のフルボ酸だけは忘れずに用意しています。

線虫被害が出ない不思議物質

~多彩の機能で線虫被害が少ないフミン物質~
  (安全な病虫害対策物質と世界が認める)


~トマトの線虫に効果が最初~

「この商品はあなたたちは知らないでしょうが、すごい能力がある不思議な物質だ」

私どもが土壌の活性化の目的で紹介している「地力の素~カナディアンフミンHNC~」が、線虫(ネマトーダ)対策に有効に働くと看破されたのは、千葉県でトマトの種苗改良開発に、大きなな実績を残しつつある「シード会社のT社」の代表者のMさんでした。

トマトは家庭園芸でも人気のナス科の植物ですが、健全な土壌と正しい肥料施肥、手入れの行き届いた栽培技術とが必要で、それでいて病虫害にも弱い面がある難しい作物で、当然線虫の被害に悩まされた経験があったのでしょう。

また品種改良でいろいろな個性を競う野菜の代表で種類も多く、栽培法も露地栽培より、ハウスの中で温存される施設栽培や水耕栽培での生産が多くなってる農作物です。

そんな生産環境が影響してか、ウイルス性、真菌類のうどん粉病、ベト病、糸状菌のカビなどの発生も多く、さらに温かい温室だけに線虫の被害が目立つ植物です。

それゆえ、トマト栽培と農薬、さらには線虫対策の土壌消毒剤、殺虫剤とは切っても切れない農作物の代表でした。

そんなこともあって、線虫対抗性の品種の開発努力も盛んで、一旦は成果を見た時期もありましたが、現在は先に述べた温室化や連作化でその対策品種にも、線虫の被害が多発している作物です。

それだけに、シード会社Tでも、線虫防除に苦慮していたのでしょう。

ましてこの会社は全国でも知られた種苗会社、多くの顧客の線虫被害報告を目の当たりに見聞しています。

そんな中「これは面白い物質だ」いち早く使用したカナディアンフミンと、液体のフルボ酸で、線虫被害の発生が減少した現象を察知したのです。

やはりこの社長の経験と慧眼は、農業のプロフェッショナルの証明です。


~効果がまったくない腐食酸が多い~

この社長より「線虫対策の有効物質で販売ができるよ」当社の営業マンも、予期しなかったお墨付きの指摘を受け、線虫の被害の実態を、訪問先の農場で見聞し、カナディアンフミン物質と、液体のカナディアンフルボ酸の使用を勧め、多くの農家での実証で、線虫に効果ありと認識するようになりました。

そもそもこの物質は、薬品でも肥料でもありません。古代の植物群が地下に埋もれ、何千万年かの気の遠くなる年月の間に、土中で醸成された黒褐色の有機物で、古生代の微生物とか酵素などが製造の触媒体になった天然物質です。

大まかな表現で言えば「腐食酸」という範疇に入りますが、フミン酸、フルボ酸、ウーミック酸など独特の機能を持った有機酸が多いことが、普通の腐蝕酸と大きく違う所です。

ただし天然の有機質の、木や葉っぱ草などが腐蝕して出来た腐葉土と、フミン物質は本質的には同じと見られがちですが、機能性を持つか持たないかの相違は大きいです。

英語では腐植土や腐食酸はHumus(ヒューマス)と言いまして、Humic acid
(フミン酸)Fulvic acid(フミン酸)とは別物であると、世界のフミン物質研究者の間では定義されています。

それを証明するよう、腐食化した堆肥を土壌に撒いても、線虫の被害は収まりませんし、病虫害の被害も消えません。

しかし、本物のフミン物質を土壌に入れたり、液体フルボ酸を希釈して葉面撒布しますと、その効果は迅速に植物の成長や病虫害の減少となって現れます。

ただしフミン酸は世界のあらゆるところから産出もしますが、同じような物質構造を持ちながらも、埋蔵されている国や自然環境によって、機能性有無の相違は大きく変わります。

現在日本で流通しているフミン酸物質の多くは、泥炭や亜炭など微量に含まれているフミン酸を、化学製剤を使って抽出したもので、フルボ酸はほとんど含まず、天然物が持っている線虫対策やうどん粉病対策などの機能はありません。

まして植物を発酵させて製造した、天然フミン酸と称する人造物には皆無です、しかしそんなものまでフミン酸との名称で、農場に撒布されている実態も分かってきました。

「フミン酸は使った経験があるけど、効果はナーわからない。まして線虫などには効きません」

こんな答えをする農家がかなりの数にのぼります。

腐食物という名目で、土壌改善のために使用されるのは理解できますが、機能性は唄うことは不可能でしょう。

それでは、カナディアンフミン物質とカナディアンフルボが、なぜ線虫に効果があるかの考察に入ります。


~カナディアンフミン、フルボの特質機能~


まずこの天然フミン物質の性質からお話しましょう

1、天然の電解質物質、植物、動物などのイオンバランスの正常化と、微量な電価と電磁波をもった特質があり、この電解質が、成長、DNAの健全化、細胞透過、陽イオン陰イオンの交換、物質のキレート化、物質の分解と結合などさまざまな機能となる。

2、気体吸着力、植物に対し大気中の酸素、窒素、二酸化炭素の吸着と固定化、土壌への酸素供給が増え嫌気性病菌が減少、好気性有能土壌微生物の活性が高まる。汚染した空気、いやな悪臭を吸着分解で清浄化する。

3、吸水保水性、水を包含し保水能力が高く、乾燥、日照りなどによる植物への影響を少なくする。

4、光合成の促進、フルボ酸の葉面撒布により、葉緑素の増殖と活性が高まる。

5、有機分子構造、炭素(40-55%)酸素(30-45%)水素(3-6%)窒素(1-5%)を主体とし、その他硫黄、燐、シリカ、カルシウム、亜鉛、マンガン、ナトリウム、無為元素が若干含まれます。
有機分子としては天然ビタミン、タンパク質(ペプチド)糖類、ポリフェノール、キノン、抗生物質様、などが構成材料で、この有機集団も機能性が高い。

6、Phはフミン4.5ー5.5フルボ4.5ですが、使用のときは土壌や水の中で希釈されます。
それ以上アルカリ土壌や塩害土壌の正常化、農作物の成長に適した弱酸性化を計ります。

この物質の線虫に対する効果は、端的に言いますと殺虫剤ではなく「忌避材」です。

すなわちフミン物質やフルボ酸が植物の根やその周辺で活性化しますと、線虫が根茎、生産物などに取り付きにくくなり、または取り付いても増殖できない状態になると推察されます。

それでは、フミン物質、フルボ酸投与により、植物がどのような働きをして線虫の被害を回避してるかを考察します。

1、植物が丈夫に育ち、線虫が攻撃しても負けないので被害がでない

2、健康に育った植物は、病気に対し「免疫力サイトカイン」が働き、病原体や線虫を寄せ付けない

3、フミン、フルボにより「オーキシン、ジベレリン」など植物ホルモンが活発化し線虫被害が少ない

4、フミン物質フルボ酸は、作物が遺伝的に持っていた線虫を忌避、殺傷する物質を復活させる

5、電解質の効果で、人間が感じられない電磁波が出て線虫やその他の害虫が嫌う。

6、電解質が線虫の神経系に作用し活動を鈍らせる

7、フミン物質フルボ酸は、線虫や卵の細胞壁の健全化を阻害し繁殖を妨げる

8、土壌微生物の活性化により、各種微生物がさまざまな機序で線虫増殖の防御をする

9、菌根菌が発達すると線虫はじめ害虫、病原体微生物を捕獲する

10、病原性の真菌類を抑制すると、線虫の増殖も抑制する

11、窒素や燐酸の消化促進など土壌の栄養バランスが正常化すると、線虫が減る

12、フミン物質撒布で塩分を抑制すると線虫は減る

まだいろいろの作用がありますが省きます。

要は、健全な作物、丈夫な農産物を作れば、線虫も他の病虫害も寄せ付けない作用を、植物は本質的に持っています。

「利巧な虫は病んだ葉しか食べない」と言う例えがあります。

病んだ葉を食べて増殖し、農場一面に広がります、そんな結果を作った原因は何か、農場経営者が一番承知しているところです。

健全な土壌と健康の作物を作れば、病気は発生しませんし、害虫に浸食されません。

私たちは天然の古代腐食土の代表、フミン物質とフルボ酸の持てる力を、農場経営者がよく理解してもらい、健全な農産物を作り、消費者に安全安心を届けて貰うことを期待します。

と申しますのも、現在使用している線虫対策の薬剤毒性が、生産者にとって健康面で負担になっていることは、消費者への安全性を担保できないことに繋がります。

世界各国の文献を見ましても、現在使用されている土壌消毒、燻蒸、殺虫薬剤の問題点を次のように指摘しています。

1、オゾン層を破壊し温暖化をすすめる

2、発がん性の危険がある

3、植物のDNAなどに影響し、突然変異体が出来る危険

4、地下水の汚染、空気の汚染

5、薬物中毒の危険、作業員の危険、農作物への残留、種への影響で植物種の絶滅

こんな心配があることも伝えます。

フミン物質やフルボ酸は、線虫や各種病虫害を防ぐだけでなく、肌に触れても口から入っても、食物に一緒になっても、農産物に含まれても、すべて健康促進になる、まったく不思議な物質で、私は1日1回フルボ酸をお茶かコーヒーに1滴たらして飲んで健康です。

こんな効果も最後に報告いたします。

      〜恐竜時代から大氷河の下で長期熟成〜
     (カナダの篤農家はフミン物質だけで有機穀物)

カナダからの手紙

| コメント(0)

 〜大自然が生んだ、地球を救う物質〜
   (カナダロッキー山脈大氷河フミン酸)

【カナダ産天然フミン酸「カナディアンフミン」詳しくはこちら】

今年(2006年)6月30日、カナダから一本のメール(手紙)が
届きました。初めての方からのものでした。

日頃訳の判らないメールも含め、よほど重要でない限りほとんど
消去してしまいますが、このメールは何となく気になりましたので、
保存しました。

その後忙しさもあり内容をゆっくり見る暇もなく、2週間ほど過ぎ、
あらためて読んで、非常に興味が惹かれる内容に、消去
しなかった幸運を感じたほどでした。

メールの内容は発信者自分のプロフィールを紹介し、次にカナダの
ロッキー山脈の地下から、開発した天然の有機物、フミン酸と
フルボ酸に関するものでした。

私の右腕は、2〜3年前からひじの間接部分に激痛を生じておりました。
この間、専門医によるレントゲン検査を受けてみましたが、どの部分にも問題はないとの診断であり、この部分に貼付薬等をはって対処しておりました。

フルボ酸の魅力 第2回

| コメント(0)

-フルボ酸の優れた効能-
はなしをフルボ酸に触れていきましょう。

前回の紹介したよう、フルボ酸は何百年前の海洋腐植土のなかに含まれていた成分で、未知の機能性を含む、いろいろな特徴を持っています。

1、強い酸性物質であり、ばい菌を抑制する。
2、イオンミネラルを多く含み細胞の活性。
3、20種類以上のアミノ酸を持っていて肌の若返り。
4、その他多糖類、ビタミン、酵素があり体調整える。
5、分子量が低く養分の肌からの浸透力が高い。

以上の特徴は効き目が良い温泉の効能とまるっきり一致します。

フルボ酸の魅力 第1回

| コメント(0)

−痛みの解消、塗って分かる温泉効果−
(酸性でイオンミネラル、アミノ酸いっぱい、吸収はやい美白の効果)

フルボ酸の説明の前に温泉について少し触れたいと思います。なぜならば、温泉の効能とフルボ酸(海洋腐植土抽出物)の機能との間に妙に似通ったところがあるからです。

さて最近、温泉の不当表示が問題になりました。温泉はもともと湯治と言われるよう、温泉につかって体調、健康を整える温泉療法の場所として栄えた歴史があります。それは温泉の中に含まれるさまざまの養分が、健康増進に寄与するからです。その温泉が水道水の沸かし湯であったり、他の温泉の湯の花を混入したり、温泉らしい香りと色をつけたものであったりしたら、当然温泉効果は期待できません。

フルボ酸抽出エキスとは?
生命は食物連鎖により、尽きることなく永遠に続きます。
土壌中のミネラル、アミノ酸等栄養を植物が吸い上げ、
その植物を動物が食べ、その動物を人間が食べる・・・。
しいて言うなら、土壌の栄養分を動物や植物を介することで、人間は摂取しているのです。
しかし、食物連鎖では摂ることができないのが フルボ酸 なのです。

月別 アーカイブ

ウェブページ

商品ラインナップ

バイオアスリートP3アサイー バイオアスリートP3 バイオアスリートP3(顆粒) バイオアスリートスーパージュニア バイタリンZ60個 バイタリンZ120個 エストリーゼ エミューナイナイクリーム