生活習慣病の最近のブログ記事

春の紫外線

| コメント(0)

  〜意外と強い紫外線で日焼け〜
 (活性酸素で白内障からがんの引き金)

先週、久しぶりにゴルフをしました。

高校時代の同級生同士で合計7人、全て老人、全員が79歳です。

寒い冬の間休んでいたゴルフですが、好天に恵まれていまして4ヶ月ぶりの私も、ショットはそれなりにまとまっていましたし、ラウンドで100をきるスコアーが4人も出て、お互いの健闘を称えあった一日でした。

終わってささやかなパーティーで顔を見合わせ、「おいよく焼けたな、顔が真っ赤だぞ」どの友人も強烈な日差しを浴びて一日で真っ赤に日焼けした顔を確かめ合い「酒を飲んだようで酔払い運転と間違えられるぞ」と冗談か出るほどでした。

日焼けは夏のもの、と思い込んでいますので、誰も日焼け止めクリームなど塗りません。

午後になって、私だけが陽射しの強さを感じ、日焼け止めクリームを塗りましたが、すでに遅く顔は日焼けし赤い顔になっていました。

「日焼けは体に悪く、シミの原因だぞ」私の言葉に「もうシミやシワを気にする歳ではない」誰も異口同音に答えます。

確かに歳を考えれば、日焼けの心配をする年齢はとうに過ぎていますが、それはシミやシワが増えてのこと、しかし日焼けで起る体内での活性酸素の毒は、もっと深いところで問題を起こしますから困ります。

ご存知のよう、日焼けは太陽光線の中に含まれる波長の短い紫外線によるもので、最近は太陽光の中の悪玉放射線として認識されているものです。

太陽の光は虹に代表されるように、7色の光を持っています、一番波長の長いのが赤色、短いのが紫です。

この赤い光の外にもう一つの赤色があり、それが外の赤色ということで「赤外線」とよばれる熱線です。

一方波長の短い紫色の光の外側にも、肉眼的には見えない「紫外線」があります。

この光線は人間の皮膚の表面は勿論、真皮から皮下の結合組織のタンパク脂肪組織にまで到達します。

これが問題で、フリーラジカルの原因になり、皮膚から真皮さらに皮下のコラーゲンなどの細胞にまで傷をつけますので、ことに回復力の弱い老人は、さらに気をつけなければいけないのです。

その昔、私が子供時代は、太陽にあったって、肌を真っ黒に焼くことが健康的で、冬の寒さに耐え風邪を引きにくくする、と言われたることが常識でした。

ところが、生物化学が発達し、医学的に見て日焼けを起こす紫外線は、老化をより促進させ、シミ、シワ、タルミの原因となり、さらに皮膚がんのリスクを高め、白内障の引き金となると言われ、不健康を作る原因とも言われるようになりました。

ことに問題は、皮膚が赤くなり、やがて黒ずむ日焼けですまなくなることです。

若いうちは日焼けも魅力のうちと言うことで、わざわざガンクロに日焼けさせ、一見健康そうなお洒落をする人もいますが、これが知らずのうち肌を老化させ、美しい艶と張りを失わせる要因となるのです。

夏の日焼けも冬の雪焼けも同じで、急激に焼けますと、免疫機能低下を起こし、ことに目の角膜に細かい傷がつき、目のなかに異物があるように、ごろついたり痛みが出たりします。

海水浴などで塩水と日焼けが重なり合いますと、皮膚が火ぶくれになりやがて皮がむけますが、これは紫外線による皮膚のやけどで、急性日焼けになります。

真夏の日焼けは、太陽がギラギラ輝き、汗が噴出す暑さですから、日焼けの用心もしますが、春のうららかな陽気のゴルフ場では、晴れ渡った紫外線の心配をする人は少ないです、まして老人はぜんぜん気にしません。

ところが春4月5月頃から意外と紫外線量は多くなり、9月までの間で年間の70−80%がこの時期に降り注ぎます。

ことにそれまで冬の日差しでやわらかく、日照時間も紫外線量も少なく、さらに肌を露出しない時期を過ごし、肌そのものが弱くなっているところに、急激に強烈な紫外線は、刺激が強すぎます。

またゴルフは、昼食をはさんで9時ごろから午後4時ごろまで、最も紫外線量が多いときですから、皮膚のダメージもそれなりに多くなります。

この光線照射量は、年齢に関係なく、私たち老人でも若者でも同じです。

ただ違うことは受けたダメージに対する回復力です。

若い肌は新陳代謝が活発で、外側の角質層の活性が高いので、傷ついた皮膚の回復は早いですが、老人の代謝力は弱くこのダメージ回復に時間がかかります。

勿論、各個人の差異は当然あって、老人になりますと皮膚組織の若さと回復力は、人により10歳、20歳くらいの相違があります。

それは常日頃の生活習慣と関係します。

食生活はじめ定期的な運動、入浴、洗顔などの皮膚の手入れ、喫煙の習慣、深酒の習慣、睡眠時間の長短、ストレス、慢性疾患、体質と遺伝子、さまざまな条件で皮膚環境の違いが出来、それが回復力の違いとなります。

皮膚へのダメージだけでなく、目の障害、疲れ、活性酸素による体調不良、がん発生の引き金などいくつもの危険の要因になります。

これら全ての危険因子も、人によって相違があることを強調しておきます。

さてまもなく風薫る5月です、意外と紫外線が強い季節ともいわれてます、スポーツも野外活動も活発になる時期、紫外線の対策に充分注意を払って健康増進を図りましょう。

最後に、日焼けした私の顔は、翌々日には普段の顔に戻りました。

午後にクリームを塗ったことと、やっぱり抗酸化力の強い健康食品を毎日摂取していることも功を奏しているからでしょう。

〜高齢者男性の70%は前立腺に問題〜
     (大豆イソフラボンによる前立腺障害の抑制)

最近は殆どしませんが、10年前頃までよく麻雀をやりました。
一緒にゲームをする雀友(じゃんゆう、マージャン友達)との
付き合いもかなりのもので、時間を忘れて熱中したものです。

その仲間の一人に排尿障害の人がいまして、30分か1時間
おきにトイレに行き、なかなか戻ってこないので、ゲームの
進行に支障をきたしたことがしばしばでした。

「困るなー、あの人にも始まる前にしっかり小便を出しておいて
もらわないと」

「せっかくツキが回って調子がよくなったのに、ツキが逃げるよ」

「こりゃ病気ではないか、トイレが近い、出ない、時間がかかる」

「誰か医者に行くことを勧めろよ」

皆の意見もあって、病院で見てもらったら「前立腺肥大」と診断
され、「簡単な手術で治ったよさっぱりした」と、再度マージャンの
卓を囲んだとき、元気になって一人勝ちしてたことを思い出します。

〜男性ホルモンと関係する前立腺ガン〜
     (PSA検査で早期発見が対策の第一)

「俺もついにガンに罹ってしまったよ」

「ガン!それは大変だ、ゴルフどころではないな」

「前立腺ガンだから、治療しながら普通の生活が出来るのだ」

先週4月5日、中学高校時代の有志のゴルフ同好会コンペで、
この仲間であるK.Y君から急にこんな告白をされました。

 〜頻尿、尿失禁、残尿感、出にくい、
                 切れが悪い小便の悩み〜
    (こんな症状はの男性は、前立腺の異常を疑おう)

「君は夜中にトイレに何回行く」

久し振りに合った友人から突如としての質問に、面食らいながら

「普段は夜中にトイレは行かないな、ビールなど沢山飲んだ
ときは別だがな」

「それはいいな、俺は2回か多いときは3回も行くよ」

「それは大変だな、熟睡が出来ないじゃないか」

「そうなんだ、起きてるときもトイレが近くてかなわないし、
出も悪いし小便の切れも悪い、歳のせいだから仕方ない
かな」

書きだしからトイレの話で恐縮ですが、ある程度の年配になり
ますと、こんな話題と体の変調を訴えるこぼし話が多くなります。

〜生活習慣と食べ物によって変わる血管の病気〜
(発酵、酵素触媒した大豆イソフラボンが血管老化を防ぐ)

パート(1)で動脈瘤の原因が、高血圧と動脈硬化であると述べました。

何故私達の血圧は高くなったり、血管が硬くなったり、脆くなったり
するのでしょう。

それは生活習慣、喫煙、食べ物の嗜好などにより、長年に積もり
積もった時間経過の中で、血管が硬化してきたり、加齢による
自然的な血管の老化によるものです。

〜ゴルフ仲間の友人の急死〜
     (血管の老化は命取り)

新年早々、めでたくない話で恐縮ですが、私のゴルフ友達
Kさんが1月3日に急逝したことを、その日の夜、同じ
ゴルフ仲間の友人から知らされ、夕食で飲んだ酒の酔いが
いっぺんで吹き飛んでしまいました。

Kさんとは、ここ数年何回ともなくゴルフを共にした仲で、
昨年の晩秋にも同じメンバーコースで、平均年齢75歳を越え、
4人合計で300歳以上になる仲間とプレーを楽しんだ
ばかりでした。

77歳とは思えぬパワフルなショットは、私のボールをはるか
越える飛距離の持ち主で、年齢を感じさせない運動神経を
持っていました。

「なにが原因で死亡したのですか」私の問いかけに、

「大動脈瘤破裂らしい」との友人の答えでした。

「それは致命的だ、自覚的症状も無かったと思うので、
遺族も突然で驚いたでしょうね」

「細かいことは判らないけど、昨年暮れに入院したようなのだ」

「入院後ですか、手術で治すことができなかったうちに、
出血したんだな」

通夜の晩、遺族からその間の事情を少し聞くことが出来ました。

〜内臓脂肪をなくす食材の一番は大豆〜
   (脂肪をなくし筋肉作る共役リノール酸)

いま世界の先進国は、肥満との戦いです。

先週オーストラリアで行われた、国際肥満学会で、メタボリック
シンドロームの患者が、世界中で10億人を越え、これを2015年
まで放っておけば多分15億人になるだろう、それをなんとか
25%減少させることを目標にしたようです。

ただしどのような方法で、実行するのかはわかりません。
世界の人口は65億人、その中で6分の1が肥満で悩み、
8分の1の7億から8億人ぐらいが、飢餓で苦しんでいるという、
奇妙な現象で、地球全体を考えた場合、これは必ずしも
正常とはいえません。

ましてペットの肥満で悩む飼い主も多いと聞きます。
世の中どうなってるのでしょう。

—内臓脂肪は過食、運動不足、ストレスから—
    (体重増加はやすく、減量は難し)

残念なことに、今年の夏は体重が増えてしまいました。さらにデブ
になりました。肥満は怖いですよと「メタボリックシンドローム」に
ついての、解説をしている人間がだらしのないことで資格を
疑がわれます。

肥満かどうかを測定する、BMI(Body Mass Index)といわれる世界
共通の、肥満指標に照らすと、25.9という数字になります。
25以上が肥満といわれるこの指標から見ると、肥満です。
夏以前がどうであったかといいますと、25.1ですのでやはり
肥満でした。

    〜肥満と内臓脂肪が病気の引き金〜
     (飽食時代の贅沢シンドローム)

最近のテレビは、やたらと料理と食い物の番組が多いことに気が
つきませんか。

太ったお笑いタレントが、旨そうに次々と出てくるご馳走を平らげ、
共演の出演者も、デブ屋の肥満体型で「まうい」とか言って、
ムシャムシャ美味しそうに食べている、こんな番組を見ていると、
時としてこちらもそんなご馳走にありつきたいと思うし、腹の虫も
「グ〜ッ」と鳴ります。

「どっちの料理が美味しいか」最高の食材を惜しげもなく使い、
タレントがよだれをたらさんばかりに、美味しさを期待する、
そんな番組も一般庶民の食欲を刺激します。

「街中のうまい店」の紹介や「旅先の自慢料理」も、秘伝の
何とかとか、精魂こめた料理とか、選りすぐった食材などなど。
この店に行きたい、食べたいそんな気になります。

海外番組も食べ物が必ず出てきます。「グルメを堪能させる
料理」とか「エスニック料理」の見事さを謳い、異国の食文化と、
異質の味の紹介など、すべて庶民の食欲を高めます。

まだまだ、食を題材にした放送は数え切れません。

−50歳超えたら用心、脳動脈、静脈瘤の破裂−
   (元気に出かけた主人、1週間後に亡骸の帰宅)

「お隣のご主人が亡くなり、明日の晩お通夜、あさって
告別式です」

出勤してまもなく事務所にかかってきた家からの電話に
「エ!本当か」思わず叫びました。

それというのも、10日ほど前、彼と私は同じバス、同じ
電車で私の事務所のある東京の五反田までご一緒した
ばかりだったからです。

彼の勤め先は、横浜市の戸塚ですが、本社が五反田にある
関係で、ちょくちょく東京への出勤もあったようで、その折、
時々は乗り物を一緒にしました。

「ついこの間まで元気だったのに、原因はなんだ」

「出張先で倒れ、そのまま息を引き取ったらしい、詳しいことは
よくわからない」

「とにかく今夜、帰宅後お悔やみに行こう」

平成17年9月15日のことです。

月別 アーカイブ

ウェブページ

商品ラインナップ

バイオアスリートP3アサイー バイオアスリートP3 バイオアスリートP3(顆粒) バイオアスリートスーパージュニア バイタリンZ60個 バイタリンZ120個 エストリーゼ エミューナイナイクリーム