大豆ペプチドの最近のブログ記事

夏場の脱水症と脳梗塞

〜脱水が原因、プロレスラー高山選手の脳梗塞〜
(スポーツ選手と活性酸素の危険)


私の知人にプロレスラーの高山善廣さんがおります。

身長196センチ、体重125キロ大型選手で、
金色の長髪は高山さんのトレードマーク、
プロレス界での活躍は私が申し述べる必要のない有名選手です。

その高山さんが7月28日のテレビ東京の番組「主治医が見つかる診療所」に出演、
10年前の2004年8月、大阪市立体育館でのタイトルマッチ戦直後、
発症した脳梗塞からの奇跡的な生還を果たしたエピソードを淡々と語られていました。

番組のテーマは「夏場の脱水症と脳梗塞の危険」ですから、
プロレスという激しい動きで沢山の汗をかくスポーツと、
超満員の熱気あふれる真夏8月の体育館、強健な肉体を持ったレスラーの脱水症で起きた発症は、
うってつけの実例だったのでしょう。

この高山さんと私は、かれこれ十数年ぐらいの付き合いになるでしょう。

私どもが製造している健康食品の愛用者として、私の会社にもよくお見えになりますし、
私の会社が出展している健康食品の展示会にも応援に来ていただく仲です。

それですから、司会の草野アナウサーや主治医の先生方の質問に答えている高山さんの話は、
すでに高山さん本人から直に聞かされていただけに、先刻承知をしていました。

番組の中でも出演者一同が認めていた強運に恵まれ、
脳梗塞というスポーツ選手の選手生命を失いかねない難病からの復活は、
まさに奇跡と言っていいでしょう。

その復活を可能にした物理的条件と生理的な強靭さが、
高山さんを死の淵から救い、少なくとも半身麻痺から免れたのです。

退院後、私達の事務所に来られた高山さんは
「脳外科の専門病院が車で10分ほどの所にあり、
カテーテルのバルーン治療で、詰まった血管を広げることができ、
手当てが早かったので助かりました」と、
近距離に優れた病院と医者がいた物理的条件が、幸運だったと述べていました。

テレビ番組の中でもコメンテーターの腦外科専門医から
「発症から30分以内に日本でも有名な脳外科病院があったこと、
また対応がが迅速で的確だったことにより、重篤な症状にならなかった」

と説明があり、発症直後の高山選手の梗塞状態と、
その後回復した脳内画像を見せながらの説明は、説得力がありました。

「その原因は極度の脱水症で、血液がどろどろになったことだと思いますが、
それ以前に前兆があったはずです」の質問に

「その前日の試合は、冷房のない会場で暑くて汗をかき、
何となく体に力がはいらず、また当日の試合も体の動きが悪く、
キックも張り手も手足の感覚がなかった」と高山さんは答えます。

これは完全に脳梗塞を知らせる前兆症状ですが、
強健な体力と若さを誇る高山さんには、単なる疲労ぐらいにしか思えなかったのでしょう。

まさか身体の水分不足、脱水からくる脳血管の異常など思いも付きません。

さらに高山さんの話によれば、水そのものはあまり飲まず、
のどが渇けば水の代わりはビールかコーヒーで水分補給をしたつもりでした。

食生活は仕事柄、体力と筋肉増強とスタミナ保持のため、ビーフステーキや
焼き肉、気が乗れば友人や仲間などと夜の街への彷徨がそれまでの生活パターンだったようです。

ご存知のよう、ビールやコーヒーは利尿効果が高く、かえって脱水になる危険があり、
脂肪分の多い肉類は血液がドロドロになる高脂血症の引き金、
水分不足の体に血液ドロドロの血管は、脳梗塞発症の条件がそろい過ぎていたともいえます。

ましてプロレスという激しいスポーツ、トレーニングも欠かさず行うには、
肉体のエネルギー燃焼のため、かなりのカロリーを消費します。

カロリー燃焼にはより沢山の酸素が必要になり、多く取り込んだ酸素の一部は、
体内で活性酸素となって、細胞や血管などにダメージを与えます。

また血液の中の活性酸素は、脂肪を酸化させドロドロ血液のアテロームの原因となり、
また動脈硬化の原因ともなり、血管障害の引き金となります。

スポーツ選手と活性酸素の発生は、
一般の運動をあまりしない人の数倍あると思っていいでしょう。

目に見えないこの活性酸素の被害は、肉体を知らずの内に傷つけますので、
酸素供給量を多く必要なスポーツ選手ほど、
この活性酸素によって細胞や血管などの傷みが多く、
その対応に神経をつかわないと選手寿命にも影響しますし、長命が約束されません。

高山さんもその中の一人だったのでしょう。

リハビリ中、私の事務所を訪れた高山さんは、
水を飲まなかったのが発症原因ということで

「体の脱水から来た症状ですから、今は一日6リットルほどの水を摂ります。

またほとんど肉を食べません、食べようと思わないし、受け付けなくなった、
酒も飲まなくなった」と談笑します。

レスラーに必要なエネルギー源はどうしてるかの問いに、
タンパク質は魚と大豆、たまに鶏肉を食べていると語っていました。

その大豆のタンパク質の補給の一つに、私どもの商品があります。

その商品は大豆粉末からタンパク質だけを分離抽出し、
脂肪皆無のペプチド化したスポーツ選手向けの植物性タンパク質で、
商品名は「バイオアスリートP3」ですが、この商品には活性酸素を除去する、
抗酸化物質SOD=LIKEが混合されています。

これが高山選手のリハビリと栄養を補助する重要なアイテムで、
通常の選手の3倍量ぐらい摂取しますと、さらにバランスのとれたアミノ酸が、
体力、筋肉増強とスタミナ補給となるようです。

「まだ手足がしびれるから、復帰はできませんが、
目下リハビリのためトレーニングは始めました」

リハビリのためにこの大豆タンパク商品と、さらに抗酸化力が高く、高脂血症に
効果が高い、血液循環を良くする、私どものもう一つの商品「バイタリンZ」をプレゼント、
病後の回復必需品として摂取してもらいました。

そんな関係もあって、病で倒れてからの食生活と闘病生活、
またテレビ出演したタレントとしての仕事ぶりなど、
一部始終を話され「必ず再起しますからどうかよろしく」と結んでました。

そうして2年後、誰もが想定できないほど早く現役復帰し、
その後には「再発を防ぐためにも」と「筋肉の衰えを無くし、
いつまでも若いパワーある肉体を維持するため」と、私どもの商品に信頼を置き使い続け、
またいろいろ同業者にも勧めているようです。

高山さんに言わせると
「リング上では平気な顔をしているが、10分20分戦うと息が上がりバテてくるが、
これを飲んでいると長持ちして疲れないのだ」と今でも頼りにしてます。

さて、高山さんに発症してた「脱水による脳梗塞」はことに夏場に多いようです。

それは暑さからくる発汗で体内の水分がなくなり、
水分だけでなく電解質の塩分イオンも欠乏し、からだの恒常性が失われ、
知らずの内に血液が粘質となり循環が悪く、
血管に負担がかかり高脂血状態からくるアテローム脳梗塞の発症へとつながるようです。

そもそも脳梗塞は、寒い冬に血管が狭窄し発症が多くなるイメージがありますが、
暑い夏の発症も馬鹿に出来ないようです。

熱中症の項でも触れましたが、ことに血管が硬くなっている高齢者は注意が必要になります。

というのも水分補給ができず、本人が気が付かないうちに体が脱水症状になる危険があるからです。

高齢者の脱水症状になる生理的条件を述べますと、

・水分を蓄積する筋肉量が減少している

・基礎代謝が減少しし水分蓄積が減る

・細胞数が減少し内液が減っている

・のどの渇きを覚えない

・夜間のトイレ回数を増やさないため水分を取らない

・水分を摂取しようとする意識と意欲が低下する

などがあげられます。

もっとも高齢者だけでなく、脱水脳梗塞の危険は40代50代の働き盛りにもあります。

ことに肥満、高脂血症、高血圧、糖尿病、ストレス、喫煙、多量飲酒、
そこに脱水が重なりますと、危険は倍加します。

ちなみに体重50キロの人の身体の水分は、
飲み水だけでなく3度の食事から約1000ml摂取しています。

その他、お茶やジュース、コーヒーなどに含まれる水分が1000ml、
合計2000mlが1日の平均量です。

夏場の暑い時の水分量目安としては、成人の体重1キロ当たり40ml以上、
70キロの体重では少なくても2800mlとなります。

いずれにしろ私たちは、生きているだけで呼吸と皮膚からの代謝呼吸で、
1000mlの水分が蒸散されています。

それと発汗と大小便、唾や痰、鼻水、涙、など水分消費は様々です。

それらを合計しますと、夏場は2リットル以上の水分摂取が必要で、
こまめに水を取ることが脳梗塞の予防の第一でしょう。

ただし水だけをいっぺんに多量に飲むのも体のバランスを壊し内蔵を冷やします。

こまめに喉の渇きを覚える前に飲むことが大切です。

まだまだ暑い夏が続きます。

脳梗塞だけでなく熱中症も注意しましょう。






「ルナシン」大豆ペプチド

   ~抗がん剤として知られた、43個の大きなペプチド~
(高血糖値、高コレステロール、動脈硬化、酸化ストレスを是正する働き)


私の友人のO.Kさんは「癌の患者」です。

その内容を申しますと、2009年5月「大腸がん」の摘出手術をいたしましたが、残念なことに翌年春に腹膜に転移していることが分かり、現在まで抗がん剤治療のみで、転移した癌と戦っています。

月に1度ぐらいの割合で入院し、抗がん剤の点滴治療を行いますが、それを除けば一般人と同じ社会生活をしています。

もう少し詳しく経緯を述べますと「大腸がん」と説明したがんは「盲腸がん、虫垂がん」で、かなり進行していたがんのようです。

大腸がんには直腸や結腸にできる癌と、盲腸にできる癌では、その性質が少し違うようで、いいかえれば少し悪質な癌で、腹膜や肝臓などに転移しやすい性質があるようです。

3年前の6月、手術が成功しまだ病院で養生していた彼を見舞ったとき、「医者は完全にがん細胞を摘出したから、もう大丈夫と言ってくれた」と病床で喜んでいましたが、その翌年の2010年春、同じ箇所に再発したという報告を聞いて、医者の手落ちではないかと疑ったほどでした。

しかし転移した癌が、それも腹膜と肝臓の間で進行していると聞いて、本人には言いにくかったですが、これは深刻な病状になるのではないかと心配をしました。

彼は肥満体質で、仕事上付き合い酒も多く、また健啖家でしたので、病気になる前は160センチぐらいの身長で80キロ近い体重で、おそらくBMIは30前後でした。

その肥満が災いしたのか、膝に慢性の関節炎を持ち、心筋梗塞の経験もあり、血糖値は230、HbA1c(ヘモクロビンエイワンシー)は7.7と数値の高い糖尿病、中性脂肪は200、コレステロールも高いという、肥満メタボリックシンドロームで、典型的な生活習慣病の代表選手でした。

癌発生以前もそれ以後も、これらの糖尿病、高脂血症、心臓病、関節炎などの病気対策は、当然医者の指示通り薬剤投与で対応していましたが、昨年11月までの検査ではその数値はほとんど変わらない状態でした。

それに加えて癌が見つかり、手術後も抗がん剤の点滴と平行しで、既往症の病気には、さまざまな薬物療法を同時に行っていましたが改善されず、さらに悪いことには転移したがん細胞が、抗がん剤投与でも次第に大きくなり、CTスキャンやMRIの画像にもはっきりと影を落とすようになっていました。

本人も「病気の総本山だ」などと冗談を言いながらも、病気に打ち勝つ努力は懸命で、あれだけ好きだったお酒はもとより、好きな食事も徹底的に制限し、職場の仕事も社長をやめ相談役にかわり、出社も気の向いた自由時間とし、病気対策だけに打ち込んでいた現在まででした。

「体に悪いといわれることは、全て止めて今は模範的ながん患者です」と妙な自慢をしていましたが、残念なことに好転せず、体調もはかばかしくありません。

ただしダイエットの効果は顕著で、目下体重は60キロ前後となり「昔の服がダブダブになってしまって着られなくなった」とこぼしている今日この頃でした。

彼のこれまでの職業は、食品関係のジャーナリズムに関与していましたので、病気対策の健康食品の情報量は多く、また健康食品のメーカーとの付き合いもかなりのもので、そんな会社が自慢のがん対策、糖尿病対策と唄った健康食品の寄贈を沢山うけ、そのひとつひとつ藁にでもすがる思いで服用しましたが、効果はありません、かえって体調を崩すものまでありました。

そんな彼の現状を、3年間見つめて「病気は心の持ちようで良くもなるし悪くもなる、元気にくよくよするな」口先だけの応援していた私でした。

しかし抗がん剤も、糖尿の薬も、あまり効果がないことを知り「ためしにこれを飲んでみますか」と大豆タンパク質から酵素触媒で特出した「ペプチドルナシン」を昨年12月始めに贈呈しました。

その月の15日に彼から電話があり「今回の血液検査で驚くほど、血糖値とHbA1cが下がった、中性脂肪も下がった、ルナシンの効果はすごい」興奮している彼は、それからそれへと話し始め「医者がとにかく驚いて、何かしたのかと聞いたが、ルナシンのことは言わずダイエットしたからと答えたら、不思議そうな顔をしていた」

「医者をだましたらよくないから、正直に話したらどうですか」と注意をしたほどでした。

彼が驚いた血液検査の数値の改善は、前回10月31日の生化学検査での血糖値が286、HbA1cが7.7であったものが、12月14日の検査ではそれぞれ123と6.9に下がったことです。

飲み始めてたった1週間しか経過しないのに、過去20年以上薬物治療で改善されなかった血糖値とHbA1cの数値が劇的に下がったのですから、興奮するのもよく分かります。

さらに続いて今年の1月18日の検査では、血糖は前回と同じでしたがHbA1cは6.0とさらに低下していました。

「今回CTスキャンの透視映像を見た主治医の感想では、毎回大きくなっていたがん細胞が心なしか小さくなってきているようだ」と、その翌週面会した彼は、喜びのいっぱいの表情で「快復に自信が持てる」と強く言い切りました。

「もし本当に効果があったとしたならば、いま使用している抗がん剤とルナシンの相性がよかったのですかね」そんな私の言葉に

「そうかもしれないが、今まで小さくなったことはないのだから、ルナシンが効いたんだ、第一糖尿病の改善を見ても、このルナシンの効果は証明される」

ただ、がん細胞は本人の意思には斟酌なく、勝手に増殖するもので、まだまだ今後の推移を見守らなくてはいけないでしょうが、確かに大豆ペプチドルナシンの効果は少しは確認されたようです。

この「大豆ペプチドルナシン」は、このメールマガジンに再三登場している台湾の老朋友(ラオポンヨウ)林慶福博士の研究の賜物です。

昨年の夏、私に「すばらしいルナシンペプチドを完成させた。アメリカの合成ルナシンのメーカーから、100%の組み換えルナシンを取り寄せ、私のルナシンとの活性力を3DのHPLCで比較測定したが、私の作ったものはそのメジャーメント スタンダード(測定基準)と比較して、変わらないルナシン容量を持っている」と研究成果の完成を喜び、顔を紅潮させました。

その製剤の第一号のモニターとして私が服用を始めました。

この大豆ペプチドのルナシンとは聞きなれない名前かもしれませんが、そもそも大豆タンパク質の中に機能性ペプチドとして存在しているもので、43個のアミノ酸結合態のポリペプチドで、最後に9個のアスパラギン酸の配列があるのが特徴です。

それだけにこの大豆の中から、ルナシンペプチドだけを抽出する技術が難しく、世界的にこれといった抽出方法が確立しておらず、さまざまなテクニックで世界の医学研究者たちは挑戦を試みている物質です。

なぜ大豆ペプチドルナシンが注目されるかといいますと、天然の抗がん剤としての効果が高いことを多くの学者が認識しているからです。

さらに大豆ペプチドが持つ機能性の中に、コレステロール、高血圧、動脈硬化、糖尿病、骨粗しょそう症、など慢性的疾患を是正する機序があることは、よく知られるところですが、単なるペプチドではなく「ルナシンペプチド」を製造することが、最も高い究極の機能性を持った大豆ペプチドの完成であり、あらゆる病気改善の糸口となることも、研究者の誰もが知っています。

林慶福博士が考案した方法は、ある微生物が生産した酵素を使用し、大豆タンパクから触媒様式でルナシンを抽出したことが特徴ですが、それは簡単なものではなく、高度のノウハウ度による技術です。

「ルナシンを取り出した酵素が決め手ですね」私の質問に、強く頷き返しました。

ただこれらの方法は、たやすく開陳できるものではありませんので、説明は省きます。

さらにルナシンの効果やそのメカニズムはまたの機会に譲りましょう。

いまは友人のO.Kさんの、癌との戦いにルナシンが役立つことを期待するばかりで、定期的にこのメールを通じて報告いたします。

がん細胞が消えてなくなることが一番でしょうが、進行を止め、腫瘍が大きくならないで、生命に危機が迫ることを食い止めるだけでも成功です。

すなわち延命効果が計られ10年もがん患者でいたとしても、現在73歳の彼の寿命からして天寿に近いことになります。

「このペプチド製剤は、抗がん剤と違い、副作用が全然ないのですし、原料が食品である大豆だから安全で、体全体に良いような気がする」
腸の活動が活発になり、不規則であった便通の改善、睡眠がよくとれ、体が軽くなり、健康度があがったようです

それ以上に長期間下がらなかった血糖値が、正常になりつつあることはさらに朗報です。

ご承知のよう糖尿病は全ての病気の引き金になる恐ろしい病気で、ことにがん患者が糖尿病の場合、がん抑制の抗がん剤の効き目が悪く、栄養吸収が悪いため、病気克服の体力が低下しますし、血液を通しがん細胞に抗がん剤が届くのがブロックされる恐れがあります。

まず糖尿病を完治するところからはじめて、がん克服の機能が働くのだと思います。

彼の健康回復を願って、これからも「ルナシンペプチド」を無償提供し、服用を続けてもらう協力を私は続けます、それが本当の友情でしょう。

〜身体と心の疲労が過労死を生む社会背景〜
   (大豆ペプチドで、身心の疲れを吹き飛ばす)

涼しくなる秋口、夏の疲れがドッと出て、意外と体調不良を
訴える人が多いです。

今年も(2008年)例年どうり暑い夏でした。9月の声を
聞いても、寒暖計は容易に30℃を越えたがりました。

蒸し暑く豪雨もあり、災害も多く、その上景気も悪く、収入も
少なく、物の値段だけが上がり、生活は楽にならず、年金
から医療まで心配の種もつきず、政治は相変わらず混迷、
身体も心も本当に疲れる夏と感じた人も多いでしょう。

大豆ペプチドの効能 第2回

| コメント(0)

そもそもたんぱく質とは、多数のアミノ酸の繋がった長鎖結合状態のことで、この結合状態を本来ポリペプチドといいます。しかし一般的には、この結合状態のものをたんぱく質と呼んで、ペプチドとはいいません。

大豆ペプチドの効能 第1回

| コメント(0)

たんぱく質がもてはやされています。たんぱく質というよりアミノ酸かもわかりません。

ボトル飲料の中にもアミノ酸を主原料にした商品群が多く見受けます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

商品ラインナップ

バイオアスリートP3アサイー バイオアスリートP3 バイオアスリートP3(顆粒) バイオアスリートスーパージュニア バイタリンZ60個 バイタリンZ120個 エストリーゼ エミューナイナイクリーム