台湾の最近のブログ記事

豚肉、鶏肉、卵の安全性

〜台湾の病気発生状況と薬剤多投の現実〜
(経済的発展淘汰かな生活が安全な肉と卵を作る)


先週、2014年8月26日より28日まで、台湾に仕事で滞在しました。

台湾には、年初めの1月14日から5日間と、7月の第1週にも6日間訪問しましたので、今年は合計3回になります。

その目的はほとんど畜産に関連した、養豚、養鶏場、または飼料会社や取引先の数社です。

そのなかで問題を抱えているのが養鶏場で、ことに種鶏孵化場では生産した雛にまで病気が移行し、生産者との間でクレームが生じている事実を聞かされました。

それがため飼育時に発生する病気対策と、それに対応する予防治療方法、また生産物へ移行しない方策、加えて鶏肉や卵の安全性を確保する飼養管理の話に集中します。

ことに台湾は、鳥インフルエンザ、豚の口蹄疫が終息せず、さらにサルモネラ、大腸菌、クロストリジューム、コクシジュームなど、感染性病気が蔓延し、生産性が落ち込んでいる現状があり、この解決は早急にしなければなりません。

それらの感染症の中には、人間への感染で食中毒を起こす危険もあり、また病気治療に薬品の大量投与で対応する危険が重なり合っている現実を知りました。


ご存知のよう、いま世界全体が食品の安全性に、ことに畜産物の薬品残留と病原菌の汚染ついては、強い関心を持っています。

それは国内で生産するものから、輸入食品全てに対して同じですが、ことに国内産についてはより監視の目が官民ともに厳しくなっています。

ことに経済的に発達し、国民の生活レベルが向上した国々の、食に対する安全性への関心はひときわ高く、台湾もこの数年、政府指導で生産段階から流通段階まで、食品生産上衛生的な危害が発生しないよう厳しい監視が行われていると聞きます。

私の知る台湾の20〜30年前までは、食料生産の現場も、食品市場も食堂も衛生管理がよく整っているとは決して言えない状態で、私が肉や卵の生産現場で衛生面での欠陥を指摘しても「台湾ではかまいません」との答えでしたが、たしかに最近の台湾は急激に変化しています。

ことに食堂の美的水準は、厨房からテーブル、サービスをするウェイトレスからウェイターまで、衛生的マナーと行動は隔世の感があります。

「衣食足りて礼節を知る」ということわざがありますが、豊かさが人間の心と常識を変えていき、見えないところでも正しい行動と、責任を負う心ができるのです。

前に中国での経験で、病原菌が感染した肉でも加熱すれば問題ないと言った生産者の話をしましたが、これは心が貧しさの表れで、中国と中国人の食物に対する常識と無責任さと無智を物語るものです。

病原菌に感染した事実の究明より、結果問題を起こさなければ良いではないかの心では、安心安全の食品はほど遠いです。

ところで私が関係する台湾の畜産業者の中には、まだ心の貧しい、自分だけがよければその肉や卵を食べる人への思いやりが欠ける人が見受けられます。

その一つの表れが、薬品の多投です。

ご存知ない方も多いので少し説明しますが、牛、豚、鶏にも人間と同じように四百四病があります。

ウイルス病からバクテリアの感染症、原虫病から回虫などの寄生虫、ダニや羽虫また蚊などから感染するマラリア的病気など、そのすべてに薬品が開発されています。

また病気によってはワクチンが開発されています。

これらの病気に感染すれば、生産者は薬品を使い治療予防するのは当然で、そのことが即安全性に問題があるとは言えません。

ただし薬品の効果だけに頼りすぎ、大切な病気感染を防ぐ環境整備や、従業員の衛生管理の知識と実行を忘れ、問題が起きたら薬で解決する習慣と、さらに病気侵入を恐れ、予防的に常時使つづけることが問題なのです。

使い続ければ病原菌も薬に対して抵抗力を持ち、病気はいつまでたっても治りません。

さらに困ったことは、畜産に使用する治療薬の多くが、人間の感染症に使用する抗生物質や抗菌剤とダブることです。

これらの治療薬は肉や卵の中に残留することもあり、その肉や卵を人間が食べていますと、知らぬ間に病原菌が薬剤に耐性ができてしまい、本当の病気になった時すべての抗生物質が効かなくなることです。

こんな病原菌を「スーパーバグ」と呼び、全ての薬剤に抵抗性を持つ多剤耐性菌となるのです。

本来薬剤で治る感染症の細菌が耐性があるため治らず、その結果全世界では年間500万人を超える命が失われているとも言われます。

当然この多剤耐性菌の増加原因に、畜産業界の薬品使用の多さが問題にされます。

家畜家禽に発生する病気の治療薬の乱用と、さらに配合飼料に成長促進剤として使用されている薬剤の長期間多投が、他の治療薬の薬効にも影響し、感染症が治りにくくなり、だんだん投与量が増加しなければならない結果も生みました。

畜産物生産は経済行為ですので、コストが少なく生産量が増えれば利益を生みますし、また価格も低下し消費者も喜びます。

それがため、薬害が少ないと認められている抗生物質などが成長促進剤として各国の政府は認証しています。

日本も台湾も同じです。

これが恒常的に長期的に使われていることが、病原菌にどのような変化と耐性を作ってきたかの検証はできていません。

病気を予防したり治すために使う薬が、さらに病気を呼び起こす発火点になる、皮肉な現象にもなっているかもしれません。

さらに問題なのは、この抗生物質が動物腸内に生息する善玉菌を殺して、腸管内の環境が脆弱になることです。

こんな弱い腸管を作っては非常に危険です。

動物の腸の健全性はその動物の健康と免疫向上を図る大事な器官で、善玉菌の乳酸菌やビフィズス菌が失われては、成長も生産性も落ち込みます。

私は台湾の幾つかの飼料会社の研究所の研究員との面会を重ね、台湾の実情と薬品の現状を聞く機会があり、多くの病原菌に薬品耐性ができ効果が無くなっている事実を知りました。

それは今まで、安易に薬品だけを頼りに病気対策を立て、まして大量購入すれば単価が安くなる薬品会社の戦略にはまった結果です。

この話は台湾だけでなく、世界共通の現状のようですが、ことに発展途上国の生産者は、病気対策に考えなしに安易に薬品を使いすぎています。

また薬品会社も代理店も自社で作った都合の良いデータを、知識の薄い生産者説得に使用、営業的に無償サンプルなどばらまいて使用量を増やさせます。

使用量が増えると、薬品残留の肉や卵が増えることで、人間への危害はますます増えますが、生産現場ではそれには神経を使いません。

翻って日本の現状はどうでしょう。

確かに国としての薬品使用量は台湾より多いです。

それは飼育している動物の数が多いからで、実質的には一頭当たりの使用量は台湾よりかなり少ないです。

それは日本の生産者が、可能な限り薬品を使わない生産管理を行い、動物を飼育する環境整備と、畜舎の清掃と洗浄、消毒と燻蒸などバイオセキュリティーの徹底をし、健康管理を図る管理システムを構築した農場が増えたことです。

さらに薬を使わないで動物を飼育する、矜持(心の誇り)を持つ生産者が多く輩出されたからでしょう。

そんななかで、養豚だけは薬品使用量が多いことが気になります。

アメリカなどから沢山の豚肉が輸入されている今日、それを迎えうつ国産の豚肉の安全安心は大丈夫なのか心配です。

鶏卵は薬事法で薬品使用が禁止されていますので、産卵期間中はつかいません。ただし卵生産時でも鶏は病気になりますが、それでも薬が使えません。

使ったらその期間の卵は販売してはいけない法律があり、もし販売したら営業停止など、企業存続に影響する事態になります。

これは大変なことです。

幸いなことに私たちが開発した生菌剤(プロバイオティック)は、腸内で発生する感染症の細菌の増殖を強力に防ぐ能力が優れていて、多くの養鶏家が採用していただいています。

欠点としては薬品より高価なことです。

ただし薬品を使えばその期間の卵は法律上販売できませんが、我々の生菌剤は納豆菌、乳酸菌、病原菌を分解する酵素などでできている有機製剤なので、卵は販売できますし、健康もたちまち回復し産卵も元に戻ります。

薬品使用で販売できないマイナスを考えると、決して高くはありません。

さらに鶏卵生産者の気持ちの中に、安全安心の卵を消費者に届けようとする、積極的な心の持ち方があるからです。

この生菌剤は目下、韓国、タイ、エジプト、バングラディッシュなどへ輸出していますが、使用数量は日本の比ではありません。

そのほかの国々は、経済的に有利な薬品依存の国となります。

ただし薬品を使用しでも、サルモネラ、カンピロバクター、大腸菌O157など、人間に食中毒を起こす細菌はなかなか消えていません。

それゆえ私は東南アジア、中国、韓国、台湾では、決して生卵は食べませんし半熟卵も遠慮します。

というのもこれらの国々の養鶏事情をよく知っているので、自己防衛のつもりです。

唯一日本では生卵も半熟卵も安心して食べています。

薬品使用に厳しい規制がある国はEU諸国で、ことに治療に使う抗生物質には神経質です。

それはとりもなおさず人間への薬品残留危害を防ぐ目的です。

アメリカも食品薬品局(FDA)は、薬品の危険性を十分認識していますが、薬品会社と畜産生産者団体の強い反対にあって、規制が緩いです。

そんな国から牛肉や豚肉、鶏肉がTPPという自由貿易の名のもとに、無制限に輸入されることを私はおそれます。

こんな状態の世界ですが、日本の生産者(ことに鶏卵)は、目に見えないところで、消費者に安全を届ける努力をしているのは素晴らしいです。


さて台湾はどうでしょう。

台湾も薬品使用には厳しい規制があり、日本同様産卵期間中の鶏には薬品の使用は禁止されています。

問題がそれが正しく実行されているかいないかです。

巷間伝わるところによりますと、これが徹底されず無断使用が横行し、見かねた政府が徹底的に実行するよう強い行政指導に乗り出したようです。

やがて日本と同じ薬品残留のない、サルモネラフリーの鶏卵が生産されましょう。それを期待します。

さらに鶏卵だけでなく、鶏肉も豚肉も牛肉もアヒルの肉も同じ状態にすることが先進国の行政です。

ところで薬品使用を軽減すれば、病気発生の危険が増えます。

これがこれからの病気との新しい闘いです。

飼養環境の整備や消毒など、物理的防疫体制だけでは防ぎきれない現実となります。

動物にダメージを与える病気だけでなく、食品としての肉、卵に感染する病原菌、サルモネラ、カンピロバクター、病原性大腸菌のO157やブドウ状球菌なども防がなければいけません。

これらの病原菌の危険をも、生産者は生産物から除去しなければいけません。

すなわち、これからの肉や卵の正しい規格は、可能な限り無薬、無菌が条件となります。

残念なことに台湾では、無薬の計画は立てられるが、無菌にすることが難しい現状でしょう。

その背景には中華料理は全て加熱する料理で、過熱により病原菌は死滅するから気にしない感覚が根強く、サルモネラやカンピロバクターの名前さえも知らない養鶏業者がいるくらいです。

しかし最近の中華料理は国際化し、コース料理やセット料理には生野菜のサラダや、刺身など新鮮さ演出する料理も出されます。

また西洋料理のレストランも増え、非加熱料理も多く見受けます。

これら加熱処理しない食品は、同じ厨房内で処理される肉、卵から、容易に汚染される危険があります。

家庭のキッチンも同じ条件で危険があります。

これらを段階的に是正するには、台湾の人たちの衛生観念の進歩と、畜産業者の生産理念の変化が大切です。

今回私が面会したのは養鶏関係者ですが、この方たちは進歩的な考えの生産者で、薬品使用を低減し、なおかつ病原菌汚染を無くす飼養管理に賛成しています。

それにはかなりの改革が必要で、現状の常識を打ち破らなくてはなりません。

安全な食品を作る方法にHACCP(危害分析管理法)があります。

畜産管理にもこの方法が取り入れられ、日本の畜産農場のかなりの数が、承認を受けています。

HACCPを行うことにより、自分の農場の欠点がわかり、安全性を高めるための是正ポイントが判明します。

それは日々の管理行動とその記録です。

その記録が正しければ、やがては生産性も向上しますし、薬品の使い方にも無駄が無くなります。

それ以上に薬品を使わなくても、健康的な動物が育てられると思います。

台湾でも農場HACCPを実行することができれば大きな飛躍です。

それは畜産業全体の発展でしょうし、台湾の利益です。

やがて台湾の消費者に安全安心を届けられる基礎が出来ます、それにより国民の健康は今以上更新するでしょう。

そんな気概を持った畜産業者が排出されることが、将来の畜産業の発展になるでしょうし、それが成功すれば台湾に、新しい豚肉、鶏肉、卵の安全基準ができます。

その目的に私たちが、また私たちが提供する生菌剤が、少しでもお手伝いできたら幸せです。


東日本大震災と台湾人の心

| コメント(0)

  〜150億円の義援金が物語る日本への気持ち〜
    (世界中から助けられた大震災の教訓)

「日本は大災害が発生し大変でした、多くの犠牲者が出たことお悔やみします」

4月4日から8日まで、台湾へのビジネス出張途中、面会した多くの仕事関係者からいただいた災害に対するお見舞いの言葉です。

心の底から出る言葉に対し「ご心配いただいて感謝します」深々と御礼をする私に「日本と台湾は特別な関係で、私たちは日本と日本人には本当に親しい気持ちを持っています。今度の災害にも、どの国の人より心痛めます。ですが日本人は強い優秀な民族で、必ず復興し昔より繁栄しますよ」

なかにはこんな丁寧で、心温まる励ましの言葉をいただき、一層恐縮させられました。

「義援金も日本円に換算すると100億円ぐらい、台湾人が寄付してます」私たちの会社の台湾代表社員のH氏の説明はより具体的です。

彼自身も私宛のメールで、月給のうち10万円を義援金に寄付したいとの申し出が震災翌週にあり、私は感動させられました。

その気持ちを良とし「私たちの会社も私自身も、義援金を寄付する予定があるのでそのとき一緒にしよう」との返事をしたほどでした。

弊社の社員H氏の気持ちは、台湾を代表する台湾人の日本の災害に対する偽らない気持ちと信じます。

台湾と日本の関係は、歴史的にも深く、人々の交流も多く、精神的にも感情的にも友好度は深いものがあります。

それだから今回の災害には、同国人のような感情で、何とか援助しなければと考える人の多いことも確かです。

私の古い友人の中には、1999年9月に起きた、台湾中部大地震にいち早く駆けつけた日本の救助隊のイメージが台湾人の心の底に深く刻まれているので、今回の東日本大震災でその恩返しをしなければとの気持ちもあります、と説明します。

そのときの日本の救助隊の、寝食を忘れ不眠不休で活動した話は、いまでも美談として語られていると、台湾の友人から聞かされます。

他の国の救助隊と比較して、日本人の献身的活動は群を抜いていた、日本びいきの気持ちがあるにしても、聞かされている私たち日本人にはうれしい話です。

そんな気持ちの台湾です。

3月11日震災直後、台湾政府は迅速に救助隊と、政府予算の中から1億台湾円(日本円2億8千万)の義援金を、日本政府に申し入れています。

決断は非常に早く、いの一番でしたが、実際に救助隊が日本に到着したのは、翌々日13日と14日で合計63名。遅れた理由は日本政府から援助を受け入れる返答がすぐになかったからです。

その間、中国からの救援隊が12日来訪し、それを確認してから日本政府が申し込みを受託したようです。

こんなところに日本政府の優柔不断さがあり、もし中国に気兼ねしての処置だとしたら、もってのほかです。

災害救助は一刻を争うもので、人命の救助、火災の消化、災害者の避難、緊急な医療処置など、どれもこれも待ったなしの非常事態です、政治的な思惑や面子の問題ではありません。

その救助隊は同時に沢山の救援物資を運んできました、簡易な発電機500台、毛布、マスク、インスタントラーメン、非常用飯米、などなどその数量はトータル500トン。

被災地には大変ありがたいものばかりです。

勿論今回の大震災には、世界各国から救助隊と支援物資、義援金など温かい支援の数々を頂き、日本人として感謝の気持ちいっぱいです。

そんな中、震災後初めての訪問国が台湾でしたので、台湾の人々が日本に寄せる気持ちが厚く、それを直接聞いたり感じたりしただけに、私の心はより以上揺さぶられました。

私たちの訪問中も、義援金募集の会合やチャリティー演奏会など開催されてると聞きました。

4月1日現在で一般国民から集まった義援金が合計で日本円換算で100億円を越えたらしいです。

弊社の台湾代表のH氏が話したのはこの数字ですが、滞在中の8日間で義援金はまだまだ集まり続けていました。

H氏は台湾円で50億以上になるでしょうと言います、3倍すると日本円で約140億円となります。

義援金として、また一般国民の寄付金としては群を抜いた金額で、2400万人の人口の国としては破格の数字になります。

はたして、台湾の中部大地震のとき、私たち日本人はどれだけの義援金を拠出したか、恥ずかしい限りです。

私の友人の中には「原発放射能被害が深刻になったら、いつでも台湾に避難してください、喜んで受け入れますから連絡してください」真顔で援助を申し入れます。

これも本当の話ですが、地震と津波で家をなくした東北の被災者の方にも、ホームステイの準備が充分あるから、気兼ねなく台湾で長期滞在してもらってよいとの家庭が、何軒も名乗り出ているとも聞きます。

放射能汚染で野菜が不足するなら、100トン以上の野菜を無償供与する決議が、台湾農業委員会でなされた話も聞きますし、台湾芸能協会は率先して義援金チャリティーで3億円集めた、ある福祉団体は義援金会合で60億円を集めた、ある企業は日本円で10億円を日本の赤十字に直接寄付した、などなど、日本への温かい思いやりが絶えず話題になります。

そうなんです「私たちと日本は親戚のようなもの、いつでも困ったら相談してください」台湾人の多くがこんな気持ちを、日本と日本人に持っていることを、私たちも心に銘じましょう。

日本でも有名な前大統領の李登輝さんが、震災直後に日本人の皆様にとしたメッセージがあります、それを要約して伝えますと。

「日本の皆様の不安や焦り悲しい思い、私は刃物で切り裂かれたような心の痛みを感じます。どうぞ元気を出し自信と勇気を奮い起こしてください」

日本教育を戦前に受け、日本の大学で学び、日本人以上に日本的な精神の持ち主の李登輝さんの、日本人を思う心のこもった言葉です。

世界から援助され、復旧と復興を期待されている日本、大地震と大津波、原発事故の放射能汚染という三つの試練を乗り越えることが、義援金を拠出していただいた世界の人々、とりわけ台湾の人たちに対する恩返しでしょう。

心からありがとう。謝謝。

韓国人の多くが経済が不安定といいます。その背景に政治の貧困さをあげる人もいます。無策な経済運営が将来の発展を不安にしているといいます。

しかし傍目には、ものすごく躍動する韓国を感じますし、国民は勤勉な働き者のイメージが強いです。

−韓国社会の変化と世代間の考えの違い−

続けて訪問した韓国でも、台湾と同じよう経済の活性がありながら、将来に対する不安が、国民全体にあるようです。

  −経済発展の影での苦悩−
(ヨン様人気の裏側、韓国の本音)

先週、先々週、日曜日をはさんで8日間台湾につづき韓国と急ぎ旅行をしました。

月別 アーカイブ

ウェブページ

商品ラインナップ

バイオアスリートP3アサイー バイオアスリートP3 バイオアスリートP3(顆粒) バイオアスリートスーパージュニア バイタリンZ60個 バイタリンZ120個 エストリーゼ エミューナイナイクリーム