野草の最近のブログ記事

野の草の健康効果(3)

| コメント(0)

〜我が家の庭に生える野草の薬効〜
    (草取り清掃、厄介な草ぐさとの闘い)

拙宅は横浜市の郊外で、約40年前、150坪強(500㎡)の
田んぼを埋め立て、そこに家を建てました。東海道新幹線の
工事残土の雑草が生い茂っていた山の土を持ってきて、
埋め立てました。

山の土には雑草の根茎、種子などが混ざってますので、
その名残なのか広くも無い庭に、毎年雑草がはびこり、
それをむしりとるのが一仕事です。庭木も多いこともあって、
ここに住むようになってから、出入りの植木屋が年3回ほど
手入れをしてくれるので助かります。

ところがこの雑草のなかに、昔から薬効が認められてる
草ぐさがいくつもあります。

野の草の健康効果(2)

| コメント(0)

〜春の代表的野草「七草粥」の薬膳効果〜
    (ビタミン、ミネラル、タンパク質豊富な七草)


春の野の草を代表するのは、正月7日のお粥に使われる「春の
七草」です。「セリ ナズナ ゴギョウ ハコベラ ホトケノ座 
スズナ スズシロ これぞ七草」

だれ呼ぶとなく、かなり昔から謳われてた、春の七草を覚えやすく
綴った短歌で、七草の種類がよくわかります。

「春の七草」からの連想は、長い冬を越して、山野に新しい
緑の息吹が芽生え、それを食べることで体が活性され、
リフレッシュすることが出来る野菜、野草で、春一番の
青菜だから悪いはずが無いです。

確かに科学的に見ても、冬に摂りにくかったビタミンが、春の
野草や野菜には豊富ですので、それを食べることは合理的です。

野の草の健康効果(1)

| コメント(0)

〜ヨモギ、タンポポ、スミレが持つ機能性〜
  (踏まれてもむしられても育つたくましさとパワー)

3月3日の桃の節句も近づき、私の家でも「お雛様」が飾られ
ました。

3歳になる孫の人形で、彼女の嬉しそうな顔と、雛人形の
艶やかな賑やかさは、まさに春近きを実感します。

このひな祭りの頃、長い冬から目覚めた春の鼓動を、生命
あるもの全てが感じる季節で、大地のなかでも、新しい
草花の息吹が聞こえ始めます。

この季節、子供の頃の思いでは草もちです。我が家では桃の
節句になると、必ずと言ってよいほど草もちをを作りました。

「蓬(ヨモギ)を摘んで来い」母に言われ、小さな竹かごに、土の中
から芽を出したばかりのヨモギを、かご一杯摘んだものでした。

月別 アーカイブ

ウェブページ

商品ラインナップ

バイオアスリートP3アサイー バイオアスリートP3 バイオアスリートP3(顆粒) バイオアスリートスーパージュニア バイタリンZ60個 バイタリンZ120個 エストリーゼ エミューナイナイクリーム