2012年12月アーカイブ

大腸がんの転移と闘う

 ~親友、故落合慶一郎さんへの鎮魂~
(高血糖値、高脂血症が免疫力低下に

 

12月6日私の友人、故落合慶一郎さんのお別れの会が、東京のある会館で行われました。

あまり広くもない会場は、250人からの出席者であふれ、故人の人脈の広さと、誰にも愛された人柄のよさをを髣髴させる、すばらしいお別れ会でした。

彼が亡くなったのは2012年の10月19日の夜、おりしも私は中国北京に滞在中で、この知らせを聞いたのはその翌日の20日、現地の人達と昼食の会食中でした。

知らせてくれたのは、故人が在籍していた業界紙の中国担当の職員で、たまたま私たちと同行していて、東京からの急報をその場で伝えられ、食事が一旦止まってしまう驚きでした。

彼が2009年5月に大腸がんの腫瘍摘出手術を受け、1年たたない翌年の3月に再発、さらに肝臓に転移し、それがかなり深刻な状態になっていると聞かされました。

彼は業界紙の社長も退位し、がん治療に懸命に取り組み、あらゆる抗がん剤投与と、治療に取り組みましたが、はかばかしくなく、今年の夏以降末期の症状になっていることを、私は承知していました。

しかしまだまだ闘病生活を続けるとの思い込みがあり、中国から帰ったらすぐに旅行中の話題をお土産に、お見舞いする予定にしていただけに残念でした。

彼に中国の話をお土産にしたかったのは、彼と私は中国へは数回一緒に旅をし、食品会社や健康食品関係の業界などとの交流を、親密に行った過去があったからです。

ことに彼の業界紙は、食品添加物と健康食品に関する新聞雑誌などを出版する専門誌で、中国のその業界のリーダーたちとの交流も深いものがありました。

その中の一つ、中国で有名な漢方薬の最大手「北京同仁堂」との付き合いもあり、その頃の会長に誘われ私と一緒に本社を訪問し、同仁堂医院の漢方中医学の名医に、私も彼も健康診断をしてもらったエピソードがあります。

そのときその名医は、彼の顔を見た瞬間「心臓が悪く、糖尿病があり、血管に脂肪が多く、ひざ関節に障害がある」と看破しました。

それを聞いて彼はそれ以上細かく診断されたら、もっと問題点を指摘されると恐れ、そのあと漢方的診断法の、手首の脈を見て診察する行為を断りました。

「参った参った、悪いところを見ただけで当てられては・・」

漢方医に指摘されたよう、彼は肥満体でBMIは30近く、赤い血色のよい顔色の、親しみやすい顔立ちですが、そのなかに病人独特な素人には分からない「気」が発せられていたのでしょう。

たしかに心臓病から糖尿病、高脂血症、足のひざ関節などに慢性的な疾患を抱え、驚くほど多種類の薬を飲み、絶えずそれらの病気と闘う生活を強いられていました。

ただ体に悪いと知りながらも、健啖家で酒もそれなりに飲み、さらに人との付き合いがよすぎて、毎日のように夜はお酒と美食とおしゃべりの連続でしたので、改善を求められている症状は一向に良くはならなかったようです。

中国でも仕事関係者の宴会で、アルコール分40%以上ある白酒を、勧められるままに乾杯を繰り反し、かなり酩酊していました。

「そんなに飲んでは体に毒だ」私が宴会途中でも、乾杯を控えるように注意しますと、

「中国の人たちは、乾杯を断ると嬉しくない、友好のためにも私は受けますよ」と答え、小さな杯とはいえ、大勢の人からの乾杯全てに付き合いますから大変でした。

いずれにしろ、お付き合いする人、同席する誰にも、不快な思いをさせたくない、そんな旺盛なサービス精神が逆に仇になり、彼の体を蝕んでいったのかも知れません。

2011年12月はじめ、私の会社に訪ねてきた彼は深刻な顔で「私のがんは治らない、今担当主治医と喧嘩してきた」と興奮気味に話し始めました。

「大病院の担当していた医師達に、ほかの病気も含め、すべて彼たちに私の健康管理を任せていました。それなのに大腸がんが大きくなるまで発見が出来ず、手遅れにしただけでも問題なのに、手術が成功で腫瘍は全部摘出したといいながら、8ヵ月後に転移がんが見つかり、手術も放射線治療も出来ないので、抗がん剤で対応しますから安心してください。
といいながらがんはどんどん進行している。その転移がんが進行するのに対策が立てられない、どうするんだと私は怒りました」

聞いていて、彼の心の苦しみと苛立ちがそのまま伝わってきます。

不治の病といわれたがんが、早期発見を含め、あらゆる治療法が進歩した現在、多くの人達ががんと闘い、社会復帰している現実があります。

それだけに彼も医者の言葉を信じ、回復を疑なかっただけに、怒りは心の叫びとなります。

「友人のなかには、医療ミスで訴えろと言う人もいる、この大病院の診断と対応に問題がある」

彼の怒りは収まりません。

それは命にかかわる、生命を担保にしての医療との闘いだからです。

しかし聞いている私の心の中で、彼の意見に同調するよりも、憐憫を感じる気持ちがわいてきたのを抑えられませんでした。

というのも医療のミスを検証するのも難しいし、がんの発見も手術の稚拙さも、何も証拠も証明も出来ず、治療に使用できると認可された抗がん剤の全てを使用しても、彼のがんは抑制されない状態になっていることは、彼の体の抵抗力と普段からの健康管理にも要因があったのではないか。

医者たちはパーフェクトな対応をしているかもしれませんが、がんは罹病した患者の免疫力と、抗がん剤などが有効に働くDNA遺伝子などによって、違いが出るとも聞いていますので、不幸にもその両方に問題があると、がんは進行するようで彼もその一人かもしれません。

それは残念なことに、がんを抑制する体力や免疫力などが十分に働かない、彼の体の生理的条件にあるのかも分からないともいえることです。

その原因は、中国同仁堂で指摘された、糖尿病、心臓病などと、美食を取り続けた肥満が、がんに対する免疫力と体の抵抗力を奪っているのかもしれません。

「私たちグループで開発した『大豆ペプチドのルナシン』を飲んでみますか」と彼に聞きますと「それは何ですか、とにかく医者には何でも好な方法をやってよいと言われているので」

「これは欧米などの文献で抗癌剤として効果があると検証されたもので、台湾の友人の林博士が大豆の中から特別な方法で抽出した、機能性の高いペプチドたんぱくですが、目下糖尿病や高脂血症、高血圧などの予防を目的にテストを始めたもので、私もモニターのつもりで飲んで調子がいいです」

「資源微生物研究所の林博士のものなら、安心して飲めるし期待が出来る、ぜひ頼む」

と言うことで1か月分渡した3週間後「驚く結果が出て、医者もびっくりしている」と血液の生化学検査の数値表を持って来社されました。

その驚きの内容の第一番は糖尿病でした。

それまでの血糖が270近い数値であったのが120に、HbA1cの7.7が6.0に急変してたことです。

また中性脂肪(TG)の数値211が98に変化もしていました。

ただあまりの早い変わりように、私も疑問を持ちましたが、大病院での血液の生化学検査の数値だけに、その事実は間違いない数字です。

その後彼は、一ヶ月に一度の検査結果のコピーを持参して来社しました。

血糖値と中性脂肪の数値には変化がありませんでしたが、残念ながら肝臓のGPT、GOTの数値が、月ごとに大きくなっていくのを、低くすることは不可能でした。

それは、大腸がんの転移が肝臓の細胞にがんを発生させ、肝機能を蝕んでいたからでしょう。

「肝臓の転移だけでなく、腹膜にも転移しその腹を触ると塊に触れるのだ」

こんなことを言い出したのは、今年の6月頃でした。

その頃は好きな酒はもとより、食事も多くは摂れない状態にもなっておりましたが、元気に私の事務所に来て、大豆ルナシンで治すと、生への意欲は衰えていませんでした。

「足がむくむのだ、またひざ関節が痛む」というので

「フルボ酸液を足に塗りませんか」と私どもが扱う、天然有機酸のフルボ酸の原液をプレゼントしました。

このフルボ酸は食品としても認可されているものですが、農作物の成長促進と、病気対策に好評を得ているもので、畜産飼料としての登録もある、天然産物として有効性が注目されているものです。

欧米の研究論文には、抗がんの力から、細胞の代謝、アトピーの治療、ウイルス性の病気予防など、かなり広範囲の薬効効果をうたったものが多いですが、私どもは農畜産の成長促進剤として広報をしています。

その効果は翌日の電話で知らされました「足に塗ったら、むくみが消えた、ひざの関節にすり込んだら、今朝はとても調子がいい、これはどうして効果があるのか?」と、喜ぶ声が電話口に響きました。

しかしこんな状態も、一時の小康状態で、がん細胞は次第に大きくなり、足がむくむ状態から、腹に水がたまる状態にまで進行していました。

8月の下旬ごろ、一緒に夕食をしたいと彼から誘いがあり、面会した彼のお腹は太鼓腹の状態で、そのむくみは睾丸にまで達し、椅子に座ることもままならない状態でした。

それでも、何とか一般人と同じ生活をしたい、まだやらなければいけない仕事があると、今は相談役に退いた業界紙の事務所に出勤、入院を拒んでいた彼に私は

「一度入院して、腹にたまった水だけでも抜いてもらい、それからまた会社に行ったらどうですか」と勧めました。

それがきっかけで、病院生活となり、私も病気見舞いに訪問すると「あなたの大豆ルナシンとフルボ酸のおかげで、体の調子がいい」と喜んでいましたが、肥満体の体はかなり細くなり、病状の進んでいることが誰にも分かる状態でした。

ただ足や腕の皮膚も顔も、つやつやすべすべして血色もよく「病人の顔色ではないよ」といいますと「フルボ酸を全身に塗っているので、すべすべするし色が白くなった」とその効き目の実感を語りだしました。

それが私との最後の面会で、転移したがん細胞は肝臓から腹膜の中全ての臓器を蝕み、彼の生命を急激に縮めました。

人との付き合いを大事にし、嫌な顔をせずに誰にでも親切に接した、サービス精神が旺盛な彼は、死期が近くなった転移ガン末期でも「治ったら一杯飲みに行こう」と見舞い客誰にでも約束をしていたようです。

その彼が72歳という、長寿社会の中では早すぎるといわれる年齢で、黄泉の国に旅立ちました。

あと数日で2012年も終りです。

それでなくとも年の終りはなんとなく寂しいものですが、もっとも親しかった落合さんがいない年末は、ことに寂しい気がします。

彼の冥福を祈って、今年のメールマガジンを終わります。  

来年もどうぞよろしく。

 

 


 

認知症

~アルツハイマー病初期の友人の話~
(加齢と生活習慣病で増える認知症)


高校時代の友人O君から突然電話があり、どうしても合いたいので、彼の住む神奈川県三浦半島の逗子まで来て欲しい、との連絡があったのは、先月11月のはじめでした。

早速、もう一人の友人S君をさそい、翌日JRの逗子駅改札の前で5時に面会する約束を、再度電話で確認し出かけました。

ところが駅前にO君がいません。

さらに30分待っても現れません。

しかたなし彼の自宅に電話しますと、彼の奥さんはそんな状態になるとの予感があったのか

「矢張りそうですか、奥村さんに合うんだと、朝から落ち着かず、まだ早いというのに4時過ぎに出かけました。逗子駅まで30分の距離ですから、もうとっくについているはずなので、私のほうでも探します」との答えです。

彼が少し耄碌(もうろく)してきたなと感じたのは、今年の春、数人の同級生の会合で、10年前まで続けていた旅行会の思い出話に花が咲いたとき、ある名所訪問に「俺は参加してない」と強情に言い出した時でした。

「そんなことないよ、記念写真に君も一緒にいるのだから」と納得させますと、

「ぜんぜん覚えていない」との答えでした。

そのとき帰りの電車の中で、同じ質問を2度3度繰り返したので、これは老人性の痴呆(ちほう)の始まりだな、誰でも年をとるとこんな状態になる、個人差はあるけど、と感じました。

いま日本では、痴呆と言う言葉は差別語であり、使用が禁止され「認知症」と言う言葉に変わっています。

その認知症とは、自分のいる場所、時間、目的などが認知できない症状で、こんな典型的な症状が、O君から感じられ、もしかしたらいつも通っていた逗子駅への道も、間違えてとんでもないところへ行ってしまったのか?
そんな予感がしたほどでした。

「あのOですが」駅頭にたたずむ私の背中で、おずおずと問いただすように名乗る声に振り向くと、そこに彼が呆然と立っていました。

約束から約45分ほど送れた5時45分過ぎです。

「おいどうした奥村だよ、わかるか」「分かるよ、だいぶ探したんだ」というので「5時からここでずーっと君を待っていたんだ、何処に居たんだ」と詰問すると

「いや1度ここへ来たがいないので、ほかを捜しに行った」どうも5時の約束なのに、4時30分ごろ駅まで来たが、私たちが見えないので、移動したようです。

「何処へ捜しに?」「街の中へ、心配だったので親戚に聞きに行った」
これでは話になりません。

私は早速に、自宅で心配しているだろう彼の奥さんに電話し「今面会しました、大丈夫です、親戚に行ってたといいます」「街中に親戚などいません、ご心配かけて申し訳ない」との返事が返ってきました。

同行していたS君と3人で、居酒屋のようなところに落ち着いたとき、彼の携帯電話が鳴り、あわてて取り出したが、スイッチオンにすることが出来ず、私が携帯を取り再度奥さんと会話をする羽目になりました。

「大丈夫ご心配ないよう、終わったらお宅まで送りますから」と、その後奥さんと彼は会話を交わし、奥さんからこまごまと注意をされていたようで「わかったよ、わかったよ」と彼は何度も電話で頷いていました。

それから久しぶりの面会を彼は喜んで、話は弾みますが驚いたことには、同行したS君を誰だかわからないと言い出したときです。

彼は現役時代ある有名証券会社の部長職を務め、その頃同業他社のS君とは絶えず酒を酌み交わし、また同じ旅行会でも絶えず行動をともにした友人なのに「覚えがない」と首をかしげるのには、私もあきれS君と顔を見合わせ嘆息しました。

せっかく逗子まで足を伸ばし、O君に合うことを楽しみにしたS君にとっては、存在と人格を否定されたような、切ない気持ちにもなったかもしれません。

この認知症は本物だ、それもかなり進行していると判断せざるを得ませんでした。

昔の友達の話になり、記憶にある友人とない友人とが錯綜するのか、少しちぐはぐになりながらも、私との会話は通常でした。

彼の自宅まで送ったとき、門の外まで出迎えた奥さんに「病気ですか?」と率直に聞きますと「はいアルツハイマーの初期と診断されています」との答えでした。

このアルツハイマー病は、ドイツの医者が発見した病気で、その発見者の名前がそのまま病名になっている、大脳の萎縮性疾患で、その原因がいろいろと論議されていますが、さまざまな要因があるようです。

いずれにしても脳細胞が萎縮し破壊されていくので、知能低下はもとより、記憶もなくなり、自分が存在する位置の見当違いも多くなります。

O君はその典型的な症状を表したことになります。

さらに進むと、人格が変わり、幻覚や妄想に悩まされ、抑うつ症となり、睡眠障害が出たり、物事に無関心になり、やがて異常な食欲や、近所を徘徊するようになり、言葉を失い話が出来なくなるなど、深刻なものになるようです。

もっともアルツハイマーのような脳が萎縮する病気だけでなく、脳血管障害による認知症はじめ、パーキンソン病、狂牛病で知られたクロイツフェルトヤコブ病などの脳障害による認知症もあります。

それでなくとも、歳をとりますと物忘れがひどくなり、忘れないように手帳に記したのに、その手帳に書き留めたことを忘れたなどの、認知症そっくりな失敗もします。

私もこのような失敗は日常のことで、友達や取引先のお客の名前を失念したり、テレビを見ながらその登場する有名俳優の名前が思い出せなかったり、瞬間ある目的で行動したのに、その目的がなんであったか忘れたり、投函する手紙をポケットに入れ2、3日もって歩いてたり、恥ずかしいことばかりです。

こんな症状は認知症とは言わないそうで、たんなる物忘れ症で、誰にでもあるようですが、その頻度が多くなることと、至極簡単なことを思い出せないなど、歳をとると多くなります。

ただし一昨日の夕食の内容は忘れてもよいが、夕食を食べたことを忘れたら、これは認知症の始まりだとも言われますが、私はまだそれほどではないので医者の厄介にはなりません。

ところがO君のような誰が見ても異常を感じられるのは、これは病気です。

本人は病気の症状の認知がないので、普通の生活をしているつもりですが、周囲にいる家族や知り合いは大変苦労します。

時としてはそれは、幼児のようにあどけなかったり、苦笑するような奇行に見えたり、想像がつかないもの言いや、態度となります。

私どもの会社の女子社員Sさんの実母がこの認知症となり、その介護の苦労話の中に、笑うに笑えない出来事を聞かさせました。

「ただいま」と仕事から帰った彼女を、出迎えに出た母親から「どちら様ですか、今娘が不在で」と告げられた時はいささかショックで、その後も彼女を次男息子の嫁として接してたが、彼女には男兄弟は一人もいず、まして一人娘でした。

そんな時彼女は「はいはい」と、次男の嫁として振舞ったと聞きました。

これは良く出来た話で、彼女の知恵と人格が、母親の症状を理解し、不機嫌な気持ちにさせなかったことは、この病人の看護には大切なようです。

いたずらに馬鹿にしたり、無視したり、叱ったりすることはかえって病状を悪化させるといいます。

しかし、この病気の治療法はなく、ましてアルツハイマーの脳萎縮症候群は、時間的経過の中でどんどん脳細胞が減少する、進行性のようです。

普通1400gぐらいある脳細胞の重量が、10年ぐらいの間に800~900gぐらいになると聞きます。

そうなると、生命そのものに影響が出るようで、結果長生きはできません。

そこで病気が発症しないよう、また進行を促進させる要因を避ける生活態度が、この病気の対処療法のようです。

だが発症する要因のいくつかに、個人の努力では避けられない要素もあります。

まず、年齢から来る老化、遺伝的な要素、家族と先祖の病歴などは、後天性でないので、仕方ないかもしれませんが、こんな危険因子を予測して、生活習慣の中で対応すれば、発症を回避し、また不幸発症しても、進行を遅らせることが可能かもしれません。

その第一は生活習慣病を防ぐことです。

血管の動脈硬化にならないように、高血圧、糖尿病、高脂血症に気をつけ、活性酸素の発生を除去することです。

それには、バランスのよい食事と、深酒と喫煙を止めることでしょう。

糖尿患者と喫煙者のアルツハイマー病発症は、1.3倍から1.8倍多いといわれています。

バランスのよい食事ですが、青魚(DHA、EPA)の脂肪酸、野菜(ビタミンC、E、A)や、ポリフェノールが多い食品など、この病気発症を抑制するようです。

また有酸素運動と、頭を使うゲームやる、雑誌新聞などよく読む、テレビを見て思考する、文章を書く、楽器を演奏するなど、さらにダンスやカラオケなど気分のリラックスとリズム感も、この病気の減少につながります。

さてさて、人間歳をとってくると、それでなくともいろいろな問題が生じます。

老人は生きていくことの代償に、体力の衰えとともに知力も衰え、社会の中であまり目立たなくなるように作られているのかもしれません。

60歳を還暦といって、生まれた頃の幼児に帰るので、赤いちゃんちゃんこを着せられますが、栄養と医療がよくなった今日、幼児に帰る年齢が遅れているようですが、あまり幼児にならないなら、認知症という病気を起こして、幼児に帰しているのでしょうか。

統計的に見ますと、65歳以上で3%から8%ぐらいの真性の認知症とその予備軍がいるようですし、80歳以上ですと8から10%、85歳以上になりますと急激に増加3~4人に1人といわれます。

O君も81歳、年齢から来る認知症もやむを得ないかもしれませんが、同級生の私もやがて同じ症状になるかもしれない年齢です。

ただそうならないためにも、このようなメールマガジンを出して頭脳を使っていますし、仕事で出歩き、海外出張もよくします。

それは、もう少しやりたいことと、遣り残したことがあるような気がするからです。

先日11月30日、自動車免許の更新試験を受けました。

75歳以上のドライバーは、必ず認知症診断テストを受けなくていけない制度が、数年前から実施され、私は今回2回目です。高齢者の認知症による事故が加齢とともに増えている事実を聞かされ、出来たら高齢者は運転をしなことを示唆する、テストのような気もします。

さてさてこのテストを、あと何回受けことができるか、ちなみに試験は3年おきです。

ところで、テストは無事合格しましたので、認知症でなかったことの一応の証明のようです。


 

月別 アーカイブ

ウェブページ

商品ラインナップ

バイオアスリートP3アサイー バイオアスリートP3 バイオアスリートP3(顆粒) バイオアスリートスーパージュニア バイタリンZ60個 バイタリンZ120個 エストリーゼ エミューナイナイクリーム