2013年3月アーカイブ

〜アジア最大の畜産、養鶏、水産養殖の展示会〜
(世界的に安全安心な卵、肉、養殖魚の生産を希望)


畜産、養鶏、水産養殖のアジア最大の展示会「VIV ASIA」が、2013年3月13日から15日までの3日間、タイ国の首都バンコクの国際展示場「BITEC」で行われました。

私どもの会社「ピィアイシィ・バイオ」も展示出展者として一昨年に続き参加し、飼料添加物ホールに2コマのスペース用意し、大変忙しい3日間を過ごしました。

この展示会は1年おきに開催され、タイで開催されるようになってから今回で11回目、22年の歳月が経過していることになります。

この展示会の主催者は、オランダのVNUと言う組織で、1960年代豚の生産会社と政府が、畜産動物のより高い生産性向上のため、さまざまな関係業者を集めてスタートしたもので、さらに1978年からは家禽産業(養鶏)も参加、合同拡大し集約的な動物と農業のための見本市として発展し、VIVと名付けられました。

VIVとはオランダ語で「Vakbeurs Intensieve Veehouderij」の頭文字をとっておりますが、よく分からないので英語に翻訳しますと、Livestock Intensive Expositionとなり、日本語に直訳しますと高度な集約的な畜産の展示会となります。

1970年代から世界的に鶏卵と畜肉の需要が拡大し、さらに産業として大型化と機械化が進み始め、牧歌的な家畜産業が近代的な食肉産業に大きく変化し始めました。

当然、育種、栄養、薬品、ワクチン、飼養管理、畜舎構造、自動化生産設備、鶏卵食肉の処理機械など、あらゆる構造と機能が革新的に進歩し、それを取り巻く情報も豊富となり、そんな情報を一堂に集めて一挙に展覧する事業が成り立つようにもなりました。

そんな背景と狙いがあって、この展示産業が発展拡大し、今現在ヨーロッパをはじめロシア、中国、インド、トルコ、南アメリカなどさまざまな地域と国々でこのVIVは開催され、鶏卵食肉の生産消費拡大の波に乗り盛況を極めているようです。

このVIV ASIAも最初は1986年と1989年に東京で開催され、当時に晴海にあった国際見本市会場に私も見学に行きましたが、アジアの東端の日本では、東南アジアや西アジアから人が集まらず、その後地理的にアジアの中心に位置するタイのバンコクに移転、現在の成功を見るようになりました。

当初はバンコク市内にある小さな展示会場「Queen Sirikit(クイーン シリキット)」で行われ、その第1回目の展示会に、その頃私どもが販売していた飼料添加剤のタイの代理店からの強い要請で、ピィアイシィ・バイオへの改称前の養鶏産業研究所として出展した記憶があります、1993年でした。

それから22年、このアジアの展示会は拡大に拡大を重ね、多くの出展者とそれを見学に来る見学者、さまざまな研究セミナーに集まる聴講者など、主催者発表では今回2013年の初日の13日だけで3万人が来場したと言うことです。

「バンコク国際貿易展示センター」の広い6部屋の会場に散会している展示者の数は770社で48ヶ国から関係業者がもっとも得意とする、施設、機械、物品など、畜産、養鶏、水産養殖の技術の先端が一堂に展示されている模様は、この業界に生きる人にはさまざまな参考を与え、将来展望の基礎にもなったでしょう。

私はラッキーなことに、鶏卵食肉産業に60年近く関係し、産業が拡大してきた歴史を半世紀以上身をもって体験していますし、また客観的に観察もしてきましたので、ここまで歩いてきた過程もそれなりに熟知しています。

その間、育種改良の進歩は驚異的で、ことに鶏卵、鶏肉の生産性の向上は目を見張るばかりです。

1羽の採卵鶏が1年間に生産する卵の数は、60年前は230個でしたが現在は330個と増えていますし、鶏肉(ブロイラー)においては、2.5キロの体重にするのに80日要したものが40日で達成されるよう改良され、さらに飼料の摂取量も2分の1に節約されました。

それがため「卵は物価の優等生」と褒められ、鶏肉もいつでも安価で手に入れることが出来る商品となったのです。

豚肉産業の改善も、人工授精技術の進歩や希釈液の改良で、子豚生産が飛躍的に増大し、肉豚の増体重、飼料効率向上とあいまって、安価で買い求めやすい価格で消費マーケットに提供でき、おそらく長い間豚肉は値上がりしない状態です。

これらは、育種改良の進歩と生産の大型化と合理化が生産原価を引き下げ、消費者はそのため経済的に有利な鶏卵と食肉を堪能できました。

その反面、経営的に成り立たず、この産業から撤退せざるを得ない農場が続出、淘汰と集約化で現在が成り立っています。

しかし拡大と合理化だけでは解決できない問題が多く噴出し始め、ここに来てこの産業はさまざまな解決しなければならない課題が発生、さらに大きく変化を求められています。

その第一は生産物の安心と安全を標榜すること、第二に食料としての飼料の要求量を減らすこと、第三に家畜が出す臭気と害虫をどうして減少するかの公害対策です。

今まで生産物を如何に安く作るか、安く作ることで利益を確保できるか、それには大型化機械化が必要だと、人間本位の生産面だけで経済性と生産性を求めたため、動物の生理と環境が忘れられ、その反動で、流行性の伝染病はじめあらゆる病気の発生を招いたのもこの拡大化でした。

鳥インフルエンザや豚や牛の口蹄疫に代表される法定伝染病はじめ、サルモネラ、病原性大腸菌、カンピロバくター、リステリアなど人間への感染が恐れられる病気の発生、そのほかさまざまな家畜独特な病気の発生で、この産業は苦労の連続でした。

それがため、病気の治療予防のために膨大な数量の薬品が使われていることも事実です。

この薬品の代表は抗生物質と抗菌剤です。

ご存知のようこれらの薬剤は、人畜共同で使用されるもので、もしこれらの薬剤が鶏卵、畜肉に残留していますと、それを食べる人間に薬剤耐性が現れ、同じ系統の薬品を使用する治療効果が薄れます。

これは重大問題で、人間の食料として生産した鶏卵、畜肉を食べたために、病気治療が不可能になっては困りものです。

これらは危険な肉と卵の生産となり、安くなった背景に薬漬けの管理があったとしたら、消費者は当然のこと敬遠します。

今回の展示会場でも、薬を使わず安全な製剤で健康な動物飼育を目指そう、のテーマの展示が目立ちました。

われわれは日本で20年前からそれを実行し、安全性を目指す農場から理解を得られ、無薬の鶏卵、畜肉の生産の資材として、納豆菌、乳酸菌を強度に活性を高め、病気を予防治療まで可能な生菌剤「サルトーゼ」を作り、日本一の市場性を持つようになりました。

この商材はVIV ASIAの来訪者の注目するところとなりました。

それは何処の国も同じく国民の健康を考えたとき、薬漬けの畜産が如何に問題かを熟知しているからです。

韓国、台湾はじめ東南アジア、西アジアの国々から、また中東各国、さらにヨーロッパからはさらに強い関心をいただきました。

次に公害問題の対策です、畜糞の臭気は発酵堆肥を作るときさらに強烈で、地域住民とのトラブルが絶えません。

その解決に、私たちは日本で実績を上げている、天然のフルボ酸を勧めています。

飼料の効率的な利用は将来の穀物不足を視野に入れたら等閑視出来ない問題で、今後飼料原料を発酵や酵素触媒などで消化促進が出来る、新しい技術を開発の必要が出てきますし、食べ残しの残渣物の利用など、畜産を取り巻く将来は、なお一層の研究が必要でしょう。

これに加えて最近、動物飼育に対する環境改善です。

すなわち飼育する条件を人間本位の考えから、動物本位に変えて、狭い場所にぎゅうぎゅうに詰め込む飼育状態から、動物がゆったりのびのび暮らせるスペースを作ること、あるいは鳥かご(ケージ)飼育や、豚房のストール(狭い柵)など、動物が好まない環境で飼育することを、条例で禁止する国もかなり出始めました。

動物愛護の「アニマルウエルネス」の精神で、そのような環境で飼うことが、肉になる運命の動物でも、生命の維持に快適な条件を与えることは、誰も反対できませんが、コスト的には経費がかかることはやむを得ないでしょう。

残念ながら大型化、合理化、集約化の流れとは若干異質のものですが、有機的な鶏卵、鶏肉、豚肉などはこんな条件で飼育したものだけが、有機認定されるようになるのではないでしょうか?

VIVの展示会もそんな情報を公開し、未来志向の知恵を交換し、国境を越えた同業者同士の友好が成り立てば、大変意義のあるものでしょう。

これは畜産と水産動物の展示会ですが、あらゆる産業が新しい情報を公開する展示会は、世界的に隆盛のようです。

ことにさまざまな国から情報を求めて集まる展示会は、平和を象徴するもので、より安全で安心な畜産物が世界的に生産流通することは、人類の究極の願いです。

老衰で死亡

~老衰で死んだ81歳の小学校同級生~
   (老化と生命終焉のメカニズム)

 

今年の1月21日に小学生時代の同級生A君が亡くなりました。

私はその報を聞いたのは当日の夜、その翌日から台湾への出張があって、通夜も告別式も参列できませんでした。

その後あらためて彼の死因について、遺族から話を聞きますと「老衰」ということでした。

81歳の同級生の死因が「老衰」と聞いて驚きました。

今まで同級生初め同じ年の、友人知人の死亡の知らせはたくさん聞いていますが「老衰」は初めてで、私も老衰になる年齢になったのかと慄然としたほどです。

老衰とは、生体機能が老化して、全ての器官が不全となり、細胞がアポトーシス(自然死)し、生命体としての恒常性が失われる状態になることと漠然と知っていますが、それが私と同じ年齢で起きるかと疑問を持ったほどです。

たまたま今回なくなったA君が具合が悪く入院したと聞いて、私は死の10日前に病院に見舞っています。

しかしその時はすでに彼は人事不省、昏睡状態で名前を呼びかけても反応がなく、同道した級友と「これでは1週間持たないな」と話し合ったほどでした。

あいにく病床には家族の付き添いがいなかったので、ナースセンターで病状を聞きましたが「家族以外には教えられない」とのことで、なぜ昏睡しているのか事情が分かりませんでした。

だがこの昏睡が、彼の生命の最後の休息で、全ての細胞や臓器が役目を果たし、終息に向かっている段階に私は見舞いに行ったわけです。

そもそも「老衰」と言う病名は最近は珍しくなりました。

なぜかといえば医学が発達し、今まで分からなかった、あるいは症状がはっきり確認できなかった老人の病気も、的確に診断できるようになり、老衰としていた死亡原因が、肺炎だったり血管障害であったり、あるいは数多い病気の何かの病名がつけられるようになったので「老衰」死因が少なくなったと聞いています。

また死因が老衰とは科学的でない、人間何かしら死に至った原因があるはずだ、それが発見できなかったのは、医者の怠慢だ、との意見もあるくらいです。

しかし気力や意識まで老化し病床に横たわると、生理的にもさらに老化が進み、慢性的な複数の疾患を抱え、治療の方法もないまま、それやこれやの原因で、全ての機能が喪失し、老化現象が抜き差しならなくなり、それが老衰と言う死亡原因になっていることもあるのでしょう。

それを裏付ける老衰と言う死因は厳然とあります。

日本の2012年の統計で見ますと100歳以上の人の死因の1位は確か老衰でした。

ちなみに95歳から100歳までの年齢では第2位が老衰で、1位は心臓疾患です。

老衰で死んだA君の年代80歳から85歳までの、老衰死因は6番目で、パーセンテージでは3.4%です。ですから80歳前でも老衰死はあるということです。

さて、人間は生まれた瞬間から、死に向かって歩みはじめています。

人間だけでなく、全ての動物や植物は、生れ落ちたり芽生えたあと、その生命体の寿命は決まっているようです。

その年月が何年間か何日間か誰もわかりませんが、生命をつかさどる遺伝子DNAは初めからわかっているのかもしれません。

私は畜産や農業に携わる仕事をしていますので、動物の成長、植物生育のメカニズムに興味があり、ことに動物の生命の平均は何年ぐらいかも分かります。

人間は哺乳類の中では最も長生きの動物で、病気や不慮の事故がない限り、長寿者は120歳ぐらいまで生きられる遺伝子を持っていますが、豚は30年、牛で40年、馬で45年、長い寿命といわれる象でも75年ぐらいで寿命が尽き老衰で死にます。

哺乳類の中で最も長寿の遺伝子をもっている人間の寿命が、長寿と言われる日本人の平均でも83歳そこそこ、まして世界平均では67歳ぐらいと言うのは、天から授かった120年ある寿命を、何らかの原因で、終息を早めていることになります。

そもそも人間の生き様の中には、長寿の遺伝子の能力を、人工的に短くしている行動がたくさんあります。

戦争や災害、不慮の事故や自殺などを別物にしても、寿命を短くしているのは人間の生活習慣とそれを取り巻く社会環境、さらに人間だけだ持つ繊細な神経や頭脳、性格などが生命を縮めています。

食生活の過剰栄養、あるいはその逆の飢餓、非自然の化学物質含有食品の長期間摂取、生活環境の空気、土壌、海洋、水の汚染、社会生活でのストレス、神経障害、交通機関の発達での運動不足など、科学や文化の発達で招いた人工的有害状況が、命の短縮を勧めています。

皮肉なことに、そんな状況を科学的に改善したり、医学の進歩で治療したり、人間の生命研究の進化で医学的に解決する技術が日進月歩に進み、不健康になる条件と戦っています。

こんなマイナスな生活環境と、それに対応する自然科学の発達のプラス技術の狭間の中で、現代の人間の寿命は決定付けられます。

それでは、人間はなぜ老化し、そして死を迎えるか考えましょう。

学問的意見としては、生まれたときから死が約束されている「遺伝子プログラム説」が有名です。

これはどんなに頑張っても変えることのできない宿命で、個人個人がそれぞれ違うプログラムを持っています。

それは長寿の家系か短命な家系か、癌が発生しやすい遺伝子があるか、糖尿病になりやすい遺伝子、また高血圧な家系など、DNA遺伝子の影響が差配するところの、絶対的なプログラムがあるようです。

ただし長寿遺伝子も、その遺伝子を殺す生活をすれば、違った答えが出ますし、マイナス的な遺伝子であっても、そのマイナスを起こさない生活習慣を実行すれば、プラスに変えられます。

「プログラム説」でよく言われる老化は、細胞の分裂は50回の分裂と決められていて、それが分裂できなくなり死ぬ、あるいはテロメラ(染色体末端粒)という物質が、年齢とともに削り取られ、それがなくなると死を迎えれる、さらに「老化遺伝子」がそもそもあって、タンパク質を活用できなくなり、細胞が増殖できず壊死していくなどです。

もう一つの説は、そもそも遺伝子プログラムは存在せず、生ているあいだに個人が起こす様々な肉体に与えるダメージよって寿命は決まってくるという「非プログラム説」です。

その中で寿命に最大の影響を与え、非プログラム説かプログラム説か分かれる原因に「活性酸素」による細胞の死があります。

酸素が大切な元素のことは良くご承知ですが、この酸素はとても乱暴者で、フリーラジカル(毒酸素)となり、細胞を破壊し癌を作り、細胞膜の形成に必要な不飽和脂肪酸を酸化させ、過酸化脂質として動脈硬化を起こし、膵臓を酸化させ糖尿病、さらに認知症の原因にもなるようです。

加齢により、活性酸素を体内で消去するSOD酵素の生産が低下することで、さらに細胞が傷つき老化がすすみ、やがてその原因が死を招くとも言われます。

逆に言いますと、この活性酸素を退治するSODが活性化している人は長寿となります。

また長いこと生きていますと、さまざまな「老廃物」が細胞に溜り老化が始まり、それが細胞の壊死へと進みます。

その代表的物質にリポフスチンがあります。

細胞の錆びのようなもので、シミ、シワの原因ですが、細胞の活性が衰退する原因ともなります。

「DNAエラー説」もあります、DNA寿命説は厳然としてありますが、約束に沿って分裂を繰り返し細胞を複製ているうちに、間違って分裂のリズムを狂わせ、細胞複製がうまくいかず寿命を縮めてしまう作用です。

放射能などによる細胞の変化などもこの中に入るでしょう。

その他「ストレス」があります。

ことに人間は考える動物で、視聴覚などから入る感覚に鋭く反応するだけでなく、精神と頭脳が過剰に反応し、交感神経に緊張をもたらし、臓器、細胞、血行などにダメージを与え、それが生命遺伝子にとって負の条件となるようです。

ストレスはまた活性酸素産生の引き金にもなります。

困ったことには、これら全てが老化になるプログラムの定説で、細胞のアポトーシスと老衰死になる原因の解説です。

どのようなことをすれば、遺伝子DNAの老化を止めるかの、長寿プログラムを作る方法論ではありません。

ただ、老化を促進する条件と逆なこと、あるいは促進しないような生活をすれば、おのずから長寿は約束されそうです。

糖尿病になりやすい家系でしたら、食生活の対策と適正な運動を心がけるだけで、おそらく発症はないでしょうし、活性酸素を防御するには、抗酸化力の強い食材を食べ、煙草を止めれば長生きできます。

そんな日常の、ささやかな生活習慣のなかに、長寿になる遺伝子を作り上げていくノウハウがあることも知りましょう。

科学的に長生きを考えるなら、最近話題になったiPs細胞などの普及と無限の活用が、人間の寿命を延ばす発端となるとしたら、生命の面白しさが倍化すると思うのは私一人ではないでしょう。

さて誰もが病気で苦しんで死ぬより、生命体が自然と活動を停止し、静かに細胞が活性を失う、老衰の自然死を望みます。

その年齢が100歳を越え、可能寿命の120歳に近い年齢で、眠るがごとく亡くなることが世に言う「大往生」。

これは間違いなく立派な「老衰」で、そんな状態でこの世とのお別れをしたいものです。

月別 アーカイブ

ウェブページ

商品ラインナップ

バイオアスリートP3アサイー バイオアスリートP3 バイオアスリートP3(顆粒) バイオアスリートスーパージュニア バイタリンZ60個 バイタリンZ120個 エストリーゼ エミューナイナイクリーム